2019年5月18日土曜日

三田の焼山と西鎌倉山

どちらも地形図にある山名ですが、道があることは期待せずに行ってみました。道を探すのは大変なので、とりあえずは藍本の近くの田んぼを横切ってネットをくぐって山裾に行き、登りやすそうなところを登りました。小さな溜池があって、そこからは谷沿いに奥に入り、それから支尾根に登りました。作業道を探して登りましたが、尾根に上がる作業道はなくて、木に掴まって登り、支尾根に出ました。倒木はありますが、迂回しながら歩けます。少し登って、主尾根に出ました。主尾根には快適な道があります。ちょっと南西に歩いて岩倉四等三角点(375.45m)を確認して、焼山の方向に歩きました。しばらくほぼ平らなのですが、そのまま歩くと北の方に降りて行ってしまいます。「焼山」という札が木に下がっているので、そちらへ降りるのが正解です。310m+の鞍部には南の溜池の方から道が来ていて、ここが登り口の候補です。私が歩いて来た方向は「藍本駅」となっているので、岩倉三角点の西にも登山口があるのでしょう。そのまま東に斜面を登りますが、この付近も道が整備されています。斜面を登ってから尾根を歩き、焼山への分岐にも札があります。ちょっと歩くと焼山四等三角点(455.22m)です。展望はありません。(写真)

焼山から北に引き返し、「西鎌倉山」という札の方向に歩きました。ちょっと細くなりますが道はしっかりしており、問題なく歩けます。鉄塔が見えてきたと思ったら、赤い「火の用心」の矢印が藪の中にありました。巡視路はだいぶ荒れているようです。尾根の道はそのままで、西鎌倉山(460m)に着きました。近くには東播線三六鉄塔があります。北向きに「藍本駅」の札があるので、そちらに歩きましたが、登山道は谷に降りていくようでした。まだ下山するつもりはなかったので、藪っぽい400m+の鞍部に降りて、藪の急斜面を北に登りました。登れば歩きやすく、少し倒木はあるものの良い感じの自然林です。480m+まで登って、西に尾根を曲がりました。少し行くと、地形図どおりに北から道が来ていました。太い道ですが倒木が多くて自動車ではとても通れません。しかし歩きやすいのは助かります。尾根を降りていき、「火の用心」があるので巡視路が谷から登ってきているらしい350m+の鞍部から再び登りとなり、道の終点は東播線三八鉄塔です。ここは北から西に少し展望があって、虚空蔵山や北摂変電所などが見えます。地形図では北に破線道が降りていっていますが、未確認です。鉄塔からも引き続き尾根を歩きました。はっきりした道はありませんが、踏み跡があります。尾根上はシダが茂っている所もあるので、少し北側を巻いたりしました。最後は一番長い尾根で降りましたが、少し藪っぽい所があった程度で、なんとなく歩けました。最後もネットなどなく、いきなり道路に出ました。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「藍本」です。

2019年5月11日土曜日

智頭の清見上三角点

山の名前は知らないのですが、因美線那岐駅の北の山です。東西南北から尾根が集まっている山ですが、地形図には那岐駅近くから破線道が尾根沿いに延びているので、これを歩いてみました。那岐駅の東に因美線の短いトンネルがありますが、これに向かって東から歩くと、トンネルの東側で線路を渡ることができて、そこから道が尾根に上がって行きます。地籍調査のピンクテープが風になびいていました。ここから植林の尾根が続きました。道はきれいに整備されていて、何の問題もなく歩けました。勾配もたいしたことはありません。標高450m付近まで来ると、林道に出ました。尾根を横切っているのですが、尾根を削った法面がほぼ垂直で、どこから登るかしばらく歩いて良い場所を探しました。なるべく掴まる物の多い場所を探して、無理やり登りました。法面の上も急斜面の植林なので、ここも木に掴まって登り、やっと尾根歩きを続けられました。ちょっと登ると藪っぽい東西に走る尾根に出て、西に歩くと朽谷三等三角点(543.84m)に出ました。この付近の尾根は植林ではありませんが、少し西に歩くと植林になり、少し下には林道が見えました。尾根が北に曲がると美しい植林が多く、気持ちよく歩けました。道はピークを巻いていくことが多いので、道を歩くのもよし、尾根を歩くのもよしです。670mピークでは危うく東に曲がりそうになりましたが、北に一度下がって登り返すと680m+の笹の生えた植林のピークがあり、少し藪を抜けて登ると大きな鉄塔が立っていました。中電の新鳥取連絡線9鉄塔です。北の展望が素晴らしく、正面は篭山ですが、智頭の高速道路も見え、波多川沿いがよく見えました(写真)。金属プレートの清見上四等三角点(691.41m)は笹原の中で、笹が育つと探すのは困難になるでしょう。

下山は送電線の巡視路を探してもよかったのですが、まず尾根を西に歩きました。地形図では破線道が南に谷に向かって真っ直ぐに降りていますが、これは未確認です。尾根は風が心地よいのですが笹が茂っています。道ははっきりしているので問題はなく、678m地点まで来て、南の尾根に曲がりました。こちらも最初は歩きやすいのですが、まず標高630m付近で方向がわからなくなりました。正解は東向きに降りてから西の尾根に行くことでした。そのまま降りると、特に道はありませんが尾根には踏み跡があり、枝をかき分けたりしなくても降りられました。ただし登ってきた尾根ほど快適ではありません。特に大背四等三角点(476.88m)は藪の中にありました。三角点を過ぎると植林になりました。尾根の先はどちらの方向も急勾配ですが、真ん中を降りていくとちょうど林道が西から来て終わっており、これを歩いて降りました。

高度差が少ないので意外と楽に歩けました。登りに通った道は少し整備すれば気持ちの良い登山道になると思います。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「大背」です。

2019年5月6日月曜日

熊山の道々山と大盛山

熊山とは吉井川を挟んで北西に位置する山です。午後から雨という予報だったので、ショートコースとして歩いてみました(が・・・)。

登り口は小瀬木の春日神社です。立派な備前焼の狛犬を見て登山口を探すと、左手の道に「道々山登山口」の札を見つけました。ここから赤いマーキングを頼りに登りました。道はきわめて不明瞭ですが、多めにマーキングがあって辿っていくことができました。真っ直ぐ登らないので不安だったのですが、ついに大きく不安定な岩の所まで来て、次のマーキングを見つけられなくなりました。しかたなしに藪の中を登ったのですが、もっとしっかりマーキングを探すべきだったと思います。というのは、この藪は密度はあまり高くないのですが灌木がしっかりしていて意外と手強く、急斜面を登るのは大変でした。常套手段として西側の南向きの尾根を目指したのですが、こちらは笹薮でまた大変でした。しかし10分も藪と格闘すれば210m+の尾根に出られました。尾根道ははっきりしていますが、標高200mから登りになるとシダが増えてきてジャングルのようになりました。それでも道ははっきりしているので問題なく、下草が消えると道々山の山頂に着きました。小瀬木四等三角点(264.14m)があります。展望はありません。

道々山からは南西に尾根を歩きましたが、自然林の中に道やマーキングがしっかりとあって、楽に歩けました。尾根を南に曲がって乢に近づくと、竹林になりました。枯れて倒れている竹を避けて歩くのは疲れました。おかげで地形図でここを横切っている破線道は未確認です。竹林を抜けると草地となって、机とベンチがありました。木が一本後生大事に植えられていました。草地を抜けると舗装道路に出ました。桜も紅葉がきれいそうですが、この時はどちらも新緑が綺麗でした。この山は倉懸山というようで、山頂にはアンテナがたくさん立っています。携帯基地局が2つ、パラボラ付きは岡山県、テレビ局のもあります。鍛冶屋三等三角点(350.57m)はアンテナ群の間の草薮に埋もれていました。アンテナ群の東側には机とベンチがたくさんあり、竹で作られた展望台もあります。熊山が望めます。その東端に「大盛山山城跡 椿群生地 花火観覧」という立て札があって、良い道が大盛山まで続いています。大盛山からは東向きの展望が開けて、なるほど花火を見るには良い場所です。「和」の字も見えています。城跡はよくわかりませんでした。

大盛山からは南の城山まで縦走する予定でした。しかし大盛山から南東に伸びる尾根は笹薮で、いきなり藪こぎとなりました。少し開けた場所もありましたが、266mピーク付近はまた笹薮で、南に曲がる尾根を探すのに大苦労しました。尾根を見つけても笹の間を抜けて降りて行かねばなりません。しかし踏み跡があって、少し楽になりました。とはいうものの、次の210m+地点でも南に降りる尾根を探すのに手間取りました。真っ直ぐ東に降りれば下草の少ない林に出るのですが、南に折れるには笹やシダの藪を抜けなければなりません。この尾根にも踏み跡はありますが、まさに踏んだ跡があるだけで、枝を押し分けなければ歩けません。160m+まで来ると、下草のない鞍部を抜け、共同アンテナの残骸がありました。所々でツツジがきれいでした。さらに90m+の鞍部は切通しで、道が横切っていました。

城山を目指して切通しの南斜面を登りましたが、藪が続きました。城山の山頂(129m)付近には共同アンテナの残骸がありました。この付近の西側は崖になっており、下には広い平坦地に何かが規則的に植えられているのが見えました(写真)。東側は急斜面です。そのまま藪の中をずっと南に歩いたのですが、一向に城跡らしきものが出てこないし、笹薮にはジャケツイバラも混じって危険なので、最後は西側の平坦地に降りました。ここは採石場の跡地で、規則的に植えられていたのは松の苗木でした。これなら鹿に食べられる心配はないのでしょう。心配といえば、最大の問題は採石場から出られるかどうかでした。操業を止めたらしいので、門は完全に閉められていました。しかし門扉の下には隙間があって、そこから道路に出られました。

結局4時間もかかってしまいました。大盛山からのコースは避けたほうが無難です。結局保木城に関しては、解説板すら無いようでした。遺構は東斜面にあるのかも知れませんが、そちらも藪のようです。

展望 ★★☆
藪山度 ★★★
地形図は「万富」です。

2019年5月5日日曜日

三田の駒宇佐八幡神社から奥山

百石踊で有名な三田市本庄の八幡神社から北の山を歩きました。神社は武庫川が大きく北に山を迂回している付近にあります。立派な神社にお参りして、地形図にある破線道を探しましたが、見つかりません。木が疎らに生えている急斜面なので、適当に木に掴まりながら登りました。神社の裏山なので何かあるかと思ったのですが、炭焼き窯くらいでした。時々マーキングも見かけたので、道があるのかも知れませんが、上を目指して登れば、尾根に出られます。尾根は自然林で歩きやすく、踏み跡もあります。たまにシダが生えていますが、問題はありません。しばらく歩くと東播線三三鉄塔に出て、ちょっと遠景が楽しめます。ここからしばらくは関電の巡視路です。巡視路は地形図の破線道どうりに東に曲がりますが、ここを過ぎてもしばらくは道があります。そして広い570m+ピークを過ぎて、奥山(標高580m)に着きました。周囲は藪です。

奥山からは、北東の尾根に進みました。少し藪っぽくなりましたが、倒木が邪魔な程度でした。東の谷は下手に降りると狭い谷のようなので、少し北の方に尾根を降りて行ったのですが、ちょっと急ぎすぎて北の谷に出てしまいました。幸いこの谷はあまり狭くないので、東に谷を下りました。東の谷は上流の溜池から流れて来るようで、水量がかなりありました。南側は案の定狭い谷なので、北の上流の方へ歩きました。川沿いに道があり、しばらく行くと明らかに渡河地点がありました。川の中に石が何個か等間隔にあるので、それを渡って東側に出ました(写真)。それから東の山に登ろうと、広い谷を上がって行きました。この付近は大きめの石が多く、この谷は幅広くて登りやすかったのですが、鞍部の手前で谷を間違えて南向きの谷を登り続けたために、571mピークの近くまで登って尾根に出ました。571mピークには座りやすい岩がありました。

ここからは南に縦走です。道か踏み跡はあるので、苦労せずに歩けました。地形図で東から破線道が上がってくる所で巡視路と合流しました。西に降りる巡視路はここよりも北で降りていたようなのですが、見落としました。そして巨大な東播線三一鉄塔がありました。鉄塔の南には巡視路はなく、藪っぽくなります。ちょっと藪を抜けると、上本庄三等三角点(481.64m)がありました。藪っぽい尾根の上で、展望はありません。さらに南に藪っぽい尾根を歩きました。標高400m付近は岩が多く、そこから尾根とは言えない斜面を降りる必要があって、方向付けに苦労しました。それから350m+の平らな尾根を抜けて、310m+の鞍部に出ました。このような鞍部は必ず道が越えているはずだという信念で尾根を歩き、鞍部の南の方に切通しを見つけました。ここから斜面の道を降りましたが、古い道でターンする部分で何回も見失いそうになりました。平らな所まで降りて来ると、道は消え失せました。見通しの効く藪なのですが、先に進むには枝をかき分けねばなりません。途中に植林もありましたが、あまり利用されていない自然林で、石垣も墓石もなく、農家の裏手に出てきました。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「藍本」です。

2019年5月2日木曜日

郡家の猫山

猫山という名前に惹かれて登ってみました。山頂北側の猫山林道から登るのが楽らしいのですが、律儀に西に延びた尾根の先から登ってみました。ローソンとポプラが合併したコンビニが西御門(にしみかど)の国道29号線と324号線の交差点にありますが、まずその裏山に登りました。地形図では山裾にぐるっと道があるのですが、西側から行ってみるとこれは水路でした(Google Mapでは水路になっています)。水路の脇に道がありますが、崩落して通れない所もあったので、適当に藪の斜面を登って尾根に上がりました。尾根は問題なく歩けました。西御門四等三角点(150.19m)付近には、南からの道らしきものがありました。この付近には水を湛えた1mほどのコンクリートの枡がありましたが、山頂には何もありません。しかし、なんとなく不自然な段差があって、山城とはいえなくても見張り台くらいあったかも知れません。山頂から東へは藪を降ります。鞍部は切通しで、南側は仁王堂の大イチョウから上がってくる道らしく、小屋がありましたが荒れ放題です。北はすぐ先に舗装道路が見えました。切通しを無理やり登って150m+のピークを越えると北から道があり、階段を上がると展望台がありました。「西御門展望台広場整備工事」で平成10~11年に建てられたものですが、上がってみると展望は西の方にごくわずかで、それ以外は木が成長して見えません。20年経てばしかたないでしょう。

展望台からちょっと笹薮を抜けて、長い尾根歩きとなります。概して下草のない歩きやすい尾根でした。自然林が多く、倒木は時々ありますが、桜の花びらが一面に散っている場所もありました。途中に切通しが少なくとも2箇所あり、南から登ってきて尾根の北側の斜面に道が作られたようですが、最近のものではありません。勾配は地形図通りで、標高400m付近はやや急ですが、登って地形図で荒地となっている付近は木がまばらでやや平坦な場所でした。この後は急斜面となり、頑張って上り切ると平坦になって、猫山の山頂に着きました。猫山三等三角点(536.79m)があります。北側に展望があって、風力発電の風車や鳥取市と海が見えます(写真)。

下山はまず東の520m+ピークまで行き、南に尾根を下りました。真っ直ぐに降りましたが、意外と楽で、木に掴まるような所はありません。方向を間違えずに標高250m付近まで降りると急斜面になりましたが、すぐ下に林道がありました。真っ直ぐに尾根を降りてもよかったのですが、林道を使いました。舗装道路に出ると、柿の木がたくさん植えられていました。和多理神社(入口の碑は「大御門村役場跡」?)や大イチョウ(後醍醐天皇の頃のイチョウだとすると、イチョウが中国から輸入されはじめた頃)を見て、出発点に戻りました。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「因幡郡家」です。