2022年4月16日土曜日

油利の大歳神社から登る氷上町の白山

 


氷上町の白山には2014/10/25に東から登りましたが、今回は南の大歳神社から登りました。今回は油利の大歳神社に行って葉のない大ケヤキを見てから神社の左手の扉から山に入りました。歩きにくい伐採跡を少し西に行って尾根の先に出ました。歩きやすい尾根で、勾配はありますが満開のツツジを見ながら登って行きました。しかし標高300mに近づく付近にはシダが茂っており、急斜面で登れません。幸いにこの尾根にはアンテナ線が敷設されており、それに沿って急斜面にロープが張られているので、これに沿って登れました。登り切るとだいぶ楽になり、共同アンテナがあります。ちょっとのアップダウンで359mピークを過ぎ、少し下ります。この付近では東や南に展望があります。再び登りになる手前の鞍部には東から道?がありました。この先の登り斜面はシダも少し生えていますが尾根に上がると平坦になり、共同アンテナから岩のある尾根を登って行って白山の山頂に着きました。東と南が良く見えます。かつて白山神社があったそうで、基礎の石と2014/10/25にも見た謎の基石(国旗掲揚台?)があります。灯籠は天明10年とと享和2年のものです。


立派な石段を降りて、下山は参道を歩きました。2014/10/25に登ってきた道です。9合目でちょっと迷いましたが、植林の中の道を降りればよいことに気づいて、ひたすら下って行きました。植林の中には石仏はなかったと思いますが、途中に「白山で観察できる野鳥」の説明板が地面に倒れており、その上には石像(写真)がありました。そこからは石が多くて荒れ気味ですが、石仏もあり参道らしくなりました。五合目の東屋、三号目には稲荷神社があり、水のないため池が一合目で、白山神社の脇の白山登山口に降りてきました。


短距離の登山ですが、勾配が急なので山頂まで1時間半以上かかりました。


展望 ★☆☆

藪山度 ★★☆

地形図は「柏原」です。



2022年4月9日土曜日

内海から登る波賀町の流田三角点

 


波賀町の流田三角点には2017/08/20に北の波賀町斎木から登りました。今回は西の千種町岩野邉の内海からです。鳥ヶ乢トンネルを通っているのは国道429号線ですが、トンネルの西側から内海の方に入る道は県道429号線です。この県道は内海の集落を通って山に向かい、峠を越して岩上神社の前から山崎に通じるはずですが、Wikipediaでは「全面開通は事実上断念された状態である」だそうです。後からその峠を通ることになります。


まずは内海から鳥ヶ乢越えの旧道に入って、南に林道を歩きました。美しい植林の中を登っていきます。ターンした辺りに内海第1配水場がありますが、この付近から急斜面を登って植林に入りました。地形が不思議なので確かめに行ったのですが、おそらく鉄を採った跡と思われる急峻な地形ですが、畝のような地形はありません。植林を抜けて斜面を降りて林道を渡り、反対側の斜面からまた尾根に上がりました。下草(草ではなく灌木ですが)のある植林で少し藪っぽい所もありますが、少し歩くと728m地点の南は広い伐採地となっています。ここまでは2017/08/20に来ています。その時の逆コースで植林の尾根をアップダウンして流田四等三角点(731.06m)に行きました。。当時は周囲にはシダが生えていましたが、今回はアセビが茂っていました。三角点から引き返し、前回と同様に728m地点から南に斜面を登りました。鞍部には東西から林道がありますが、繋がっていません。斜面は灌木が少し生えており、イバラもあるので注意が必要ですが、登ると眺望は素晴らしく、荒尾山から阿舎利山、一山、東山と見渡せました。上野付近も見えます。


ここから南への縦走は2010/09/04の逆コースです。植林を抜けて780m+の鞍部に出ました。前回は首のない石仏があったようですが、現在は道が広がっており、東西に林道が横切っています。東西とも南北に道があり、特に北東側には道が3本ありました。ここは県道429号線の峠越えの地点だと思います。この交差点を突っ切って尾根を歩き、814mピークを過ぎ、南西に歩き続けました。そして840m+ピークに来るとネットがあり、その向こうの西側斜面は大規模に伐採されていました。さらに谷を挟んだ向こう側も伐採されています。千草カントリークラブの建物が見えます。尾根の上は植林のままで、そのまま南に歩き続けました。航空写真でもわかりますが、3箇所の広い斜面が伐採されており、間には植林が少しだけ残されています。一番南の斜面が2010/09/04にもあった斜面で、これは中央に自然林が残っており、他とは少し趣が違っていました。それにしても大規模な伐採です(写真)。


北に840m+ピークまで戻り西に伐採地の北の端を降りていきました。北側に林道があるはずですがそちらには降りず、少し足元の悪いネット沿いの斜面を降りました。伐採地から離れて西に降りるとこちらも植林ですが、西に伐採地の見える地点を過ぎると、広い尾根で方向を見極めるのが大変でした。ちょっとアセビ藪っぽい場所もありました。再び植林を上がって766mピークを抜け、その先も林道には降りず、植林の斜面を上り下りして北に向かい、最後は林道に降りました。この林道は地形図の破線道ですが、その南に現在は県道520号線(大沢岩野辺線)ができています。林道に降りたのは川を渡る必要があると思ったからなのですが、林道から520号線に出る所の橋は壊れていました。幸い川は幅が狭かったので簡単に歩いて渡れました。


展望 ★☆☆

藪山度 ★☆☆

地形図は「安積」です。



2022年4月2日土曜日

巡視路から登った成ト三角点と太田滝

 


神河町の成ト三角点には最近何度も行っていて、直近では2022/03/27に登って南からの林道が無いことを確認しました。今日はもっと西の太田ダムの下にあたる谷の付近から登ってみました。目指すは尾根の途中にある高圧線の鉄塔で、まずは県道8号線沿いに東に戻って林道を登りました。ミツマタの花盛りの林道で地形図通りに延びていますが、赤い「火の用心」は見つからず、北の谷に出てしまいました。谷の向こうになにか立て札が見えたので谷を渡って行ってみると、「火の用心」が2枚あって「草南線No105」と「播北No30」です。目指す鉄塔は後者なので、そちらの方向に歩きました。こちらもミツマタが咲いていますが、だいぶ谷を登ってから道は水流を南に横切って植林を登っていきます。急斜面をジグザグに登っていき、播磨北線三〇鉄塔に着きました。ここでもミツマタがお迎えしてくれます。ちょっと展望があります。


鉄塔からは当然巡視路はありません。まっすぐに登るのは難しそうだったので少し南にトラバースしてから登り始めました。かなりの急斜面ですが、植林なので登れます。最初の標高差100mくらいはかなり急で、その上は少し楽になりましが、岩が増えてきました。おかげで登りやすい所もありましたが、大きな岩を登ろうとして途中で進退窮まりかけました。無理は禁物で、大岩は巻くべきです。標高750mを超すとだいぶ楽になって、植林を抜けて自然林になると836mピークに着きました。気分の良い場所です。東側は植林で、降りると2022/03/27に歩いた林道に出ました。北に歩きましたが、そのまま成ト三角点に行くと前回と同じなので途中の分岐を左に取りました。この道は山の西斜面を北に向かい、最後は鞍部に出てきました。ここは2021/10/16に太田ダムから戻ってくる途中に通った、謎の「火の用心」のある所です。東に斜面を登って成ト四等三角点(821.42m)に行きました。ちょっと休んでから西に斜面を降りて鞍部に戻り、そのまま林道を歩き続けました。少し曲がりながらですが斜面を登って行き、途中に赤い「火の用心」があります。最初は鉄塔から南西に尾根を降りようと思っていたのですが、林道がどこに行くのか気になったのでそのままそのまま歩きました。871mピークの西側を通り、結局上部調整池の「協生」の広場に出てきました。


ここから下山するなら太田滝を通るルートしか考えられません。そのルートにどうやって出るかが問題で、地形図でダムの下に描いてある実線は道ではなく石の積んである法面の縁なんですね。遊歩道のようなものもあるのですが道はなく、適当に降りていって舗装道路の終点に出ました。ここから道を歩いて放流路の西側に行き、草木南小田第一線九四鉄塔を見ていたら近くに「太田の滝540M」の標識を見つけました。ここからは登山道で太田の滝まで降りました。水路を越えて降りていきます。途中に階段が作られている所もありましたが、荒れ気味の道でした。滝は何段かに分かれていて全部合わせるとかなりの高さですが、枝が邪魔でかなり見えにくくなっていました(写真)。


太田の滝からは地形図の谷沿いの破線道で下山しました。かつて整備された感じはしますが、斜面の道なので流されて残っていません。それでもなんとなく道の残骸を辿りましたが、土石流などで完全に流されている箇所もあって、登山道とはいえません。道が残っていてもイバラの枝がせり出していてとても歩きにくくなっています。途中で道はターンして河原に降りますが、ここも大きな石が多くて歩きにくく、降りていくとミツマタが道にたくさん生えていました。ミツマタだけならかき分ければ良いのですが、一緒にイバラも生えているので容易ではありません。ミツマタの群生はきれいなのですが楽しむ余裕はありません。この谷は本当にミツマタが多く、道以外の所もミツマタで埋まっていました。なんとかイバラの枝を折りながらミツマタの藪を抜けて行き、最初に見た2枚の赤い「火の用心」に出ました。今回はここから谷沿いの道を折りましたが、ここはミツマタのない植林でした。しかしこの道は発電所の敷地に出てきてしまい、道に出る扉には鍵がかかっているのでフェンスの横をすり抜けました。全くお勧めできない登山道でした。


展望 ☆☆☆

藪山度 ★★★

地形図は「長谷」です。



2022年3月30日水曜日

上郡アルプス縦走路で行った板場峠

 


上郡アルプス縦走路は2022/03/16と2022/03/20に歩いています。全長が40km近くある縦走路なので、この3回目でだいたいカバーするというのが目的です。2022/03/20には上郡から岩木山まで歩いたので、今回はその西側を歩きましたが、歩きはじめは岩木山よりもずっと東の鳳張峠にしました。登山口は北の船谷ですが、水道施設が山の中腹にあり、そちらに道がヘアピンカーブする地点に、「西播磨の山城へGO」の幟が立っていました。ここからは整備された登山道でちょっと登れば鳳張峠です。お地蔵様が2体あります。ここから2022/03/20と同様に西に歩き、鳳凰山から航空機ビューポイントを通って岩木山に着きました。岩木山三等三角点(344.08m)と眺望を過ぎて、今回はここから更に西に歩きましたが、標識では岩戸まで10kmとなっています。ここまでと同様の整備された道が続き、ツヅジも咲いていました(写真)。アップダウンの少ない単調な山道で、標識はたくさんあるので迷うことはありません。途中に岩木の大山桜があったはずなのですが、見落としました。鞍部に大きな水たまりがあって、少し登って道案内に従って平倉四等三角点(348.94m)に着きました。


この付近からは少し道は荒れ気味になりますが、道標やマーキングがあるので迷うことはありませんでした。似たような林が続くのでだんだん飽きてきましたが、気を抜くとマーキングを見失います。374m地点付近からは2011/01/15と同じコースとなります。そして、整備された道に飽きてきたので縦走路からは外れて、そ2011/01/15と同じように小屋尾三角点に向かいました。こちらは倒木処理ができていないだけで、道はあります。小屋尾四等三角点(404.53m)は前と変わらず藪っぽい所でした。この先も道はあったかも知れませんが、大きな障害物のない山なので適当に藪を抜けて北に降りました。谷筋を降りて、降りた所が地形図の破線道の谷かと思うとそうではなく、実は2014/01/18に迷った谷で、西にさらに谷を降りて、南の皆坂(北にも皆坂がある)から延びる破線道の谷に出ました。道こそありませんが広い谷で、北に遡っていくとさらに広い場所に出ました。谷は西に向かいますが東に斜面を登ると、350m+の鞍部に出て、上郡アルプス縦走路に戻りました。かつての「あせびの丘」の道標は倒れて読めません。この鞍部は2014/01/18のように北に降りれば岩戸に降りられるのですが、縦走路は北に向かっています。歩いて行くとどんどん西に向かうので心配になりましたが、縦走路の表示がときどきあります。そして県境の板場峠に着きました。ここは2014/01/18には何も説明がなかったのですが、備前・佐用・上郡の三郡の界と書いてあります(GPSでは界はもう少し南では?)。明治15年のお地蔵様があり、その後ろの石積みはこの付近ではよく見ますが、お地蔵様はこの上に立てられていたのではないでしょうか?今は大きな木が石積みの真ん中に生えています。


板場峠からは2014/01/18の逆コースです。その時には尾根を歩いていましたが、今回は整備された縦走路を歩きました。途中で尾根に上がって滝の上三等三角点(445.47m)を見ました。佐用ハイキングコース選定の会の空山という立派な杭が建てられていました。そのまま県境を歩くのかと思うとそうではなく、東に尾根を降りていく道があり、眺望の良い岩場を降りると近畿自然歩道に出ました。ここは2014/01/18には竹が倒れて藪になっていた所で、ここからは自然歩道を降りて、ちょっと楽しげな感じのする皆坂を通って岩戸に降りました。


展望 ☆☆☆

藪山度 ★☆☆

地形図は「上郡」です。



2022年3月27日日曜日

神河町の南小田から登った成ト三角点

 


2021/9/25と2021/10/16に長谷や犬見川から高峰や太田ダムに登った時に、山頂付近に南に向かう林道があり、南側から来ているのかと思っていました。しかし2011/06/04にこの付近を歩いたときは、南に降りていく林道を確認していません。ということで南側小田原川沿いの南小田から登ってみました。集落の北に林道の入り口があります。扉を開けて広い林道を登るとミツマタの花が咲いていました。周辺は植林ですが、この道は堰堤を過ぎると細くなり、その先は道の真ん中にミツマタが咲いている有様でした。結局南から登る林道は無いのだろうと結論して、植林の作業道を探して登りました。地形図の破線道を予想していたのですが、歩きやすそうな作業道を探しながら歩くと、ひとつ西側の谷に入り込みました。かなり急な谷で、両側も急斜面なのですが道は流れを何度か渡りながら続いていました。私が歩いた道が正解かどうかはわかりませんが、意外と踏み跡は消えずにずっと続きました。最後に谷の突き当りまで来ると流石に岩が増えてきて作業道は不明瞭になりましたが、頑張って急斜面を登り、尾根に上がりました。ここは標高890m付近です。


尾根を西に歩くと、林道の終点に出ました。この林道は836mピークの東側を通って北に行きます。途中に西に向かう分岐がありました。そのまま歩くと林道は終わってしまいましたが、植林の中なのでそのまま北に行って伐採地を抜けて、金属プレートの成ト四等三角点(821.42m)に着きました。伐採地なのですが、意外と良い雰囲気です。三角点からはいつものように南東に尾根を降りましたが、そのまま降りていくといつも通りなので、途中から植林の広い谷を横切りました。細い水流をいくつか渡ると林道に出ました。最初の林道からの分岐のようです。これは良く整備された林道でした。2011/06/04に歩いた南東に延びる尾根の北側に作られており、長く続いています。途中で北に分岐がありました。そのまま尾根沿いに南東に歩いて行くと、最後は東に向かった所で終わっていました。尾根に上がって南に歩き、南小田1三等三角点(776.44m)に着きました。南向きの展望は素晴らしく、天気が良かったので瀬戸内海まで見えました(写真)。


三角点からは南東の峠を目指して斜面を降りました。地形図で見るとかなり急な斜面なので、苦戦を覚悟していたのですが、ここには尾根からずっと続いているネットが張られていました。どんなに急でも、少なくともネットを掴んで降りることができます。場所によってはネットしか掴むものがないこともありましたが、木の生えている所もありました。一番急斜面は標高650mから700mの間ですが、ここは岩の多いところでした。それを過ぎると自然林になり、最後に植林になるとネットも終わりました。そのまま降りると峠でした。はっきりした道が通っているわけではなく、「水源かん養保安林」の杭が立っているだけでした。峠からは西側に谷を降りました。少し降りてから北側を探すと地形図の破線道に相当する道がありました。かなり流されており、特に谷では消えてしまうこともありましたが、ほぼ辿ることができました。地形図の破線道よりは北寄りの斜面を通っていました。最後は谷側に石が積まれ、足元も石が敷かれた立派な道になりました。かつて神社があったのかも知れません。降りてきたのは堰堤で「クズリ谷川砂防堰堤」でした。大きな扉を開けて外に出て南小田の集落にもどりました。


展望 ★☆☆

藪山度 ★★☆

地形図は「長谷」です。