2019年8月11日日曜日

東から登る若桜のくらます

前回くらますに登ったのは5年前の夏(2014/08/19)で、その記憶も薄れてきて、東の林道から登ることを思い立ちました。若桜の加地から林道を入ると、発電所に向かって道があります。これは県境の大通峠にも繋がっている主要林道ですが、発電所の手前に分岐があります。この林道は長く標高900m付近まで伸びており、航空写真で見ると他にも林道がありそうなので、うまく利用できないかと思いました。

行ってみると、この林道は「立入禁止」でチェーンがかかっていますが、脇から入れます。すぐに建物あり、「清流遊山荘」という名前がついていますが、使われている気配はありません。ここからは長い林道歩きで、舗装はすぐに切れて、だんだんガレ石が増えてきます。しかし、しっかりした林道なので楽に登れます。古い林道ですが、途中に小屋があってそこに張られている許可証は新しいものでした(産廃業者ですが?)。が、そのすぐ上では林道が崩落しており、橋も流されていました。目的は林道の南の尾根に上がることだったのですが、斜面はあまりにも急峻で取り付く島もないという感じでした。結局林道を1時間近く登ると、南の尾根に曲がる林道がありました。ここも沢にかかる橋は流されていましたが、渡るには問題ありません。渡ってすぐに沢の南側を遡る道もありましたが、それは無視して尾根に延びる林道を歩きました。この林道の終点は、まさしく私が望んでいた尾根の真ん中で、ここから尾根登りを開始しました。

この尾根は植林が主なので歩きやすく、勾配も大したことはありません。予想していたことですがしばらくすると北側下には林道がありました。ちょっと厳しい登りで994mピークに出ましたが、付近は植林です。ちょっと降りて鞍部に出ると、北にも南にも林道が見えました。しかし林道からこの鞍部に登って来るのは大変でしょう。再び登りになり、すこし平坦な所を歩いてから、最後の標高差200mくらいは急斜面となります。この付近は植林ではなく、笹の多い自然林です。特に標高1100m付近からは笹薮となります。チシマザサが混ざっており、時々竹槍で刺されるような目にあいました。林なのですが笹が生い茂っており、急斜面でもあって登るのは疲れます。ブナが増えてきて良い雰囲気ですが、笹を押し分けて登るのは腕力がいります。のけてものけても笹、という状況は30分以上続き、少しならだかになってきたと思ったら、そこが主尾根でした。主尾根も笹が茂っており、その間を歩いてくらますの山頂に着きました。天狗岩三等三角点(1282.13m)が目印です。周囲はススキの藪で、岩がひとつあります。木がないので夏は大変です。

下山は悩みましたが、登っている途中に北正面に草原があって、その下すぐまで林道が行っていたので、そこへ行ってみようと思いました。山頂から北の1260m+のピークまで笹薮を歩きました。この付近でも踏み跡を見つけるのは困難です。少しは木があるので、木の下で風にあたって休んでから、下山をはじめました。1260m+から東に延びる広い尾根は、地形図でも草原となっています。一面の笹原で、たまに木が生えています(写真)。展望は良好です。日差しがきついので中央は歩きたくなく、木の生えている北の端を歩こうとしたのですが、なぜか笹原の端に行くとチシマザサが生き残っていて、いきなり歩きにくくなります。結局なるべく中央を歩かねばならないのですが、笹と言っても背丈より高く伸びており、斜面が急になってくると足元も危うくなってきます。地面が見える場所はほとんどありません。こんな所で遭難したら、10年は見つけてもらえないでしょう。結局笹薮の上から下まで、1時間近くかかりました。下まで来ると、地面が見えたので林道かと思ったら、斜面が小さく崩落した場所らしく、ここからは笹薮ではありませんが急斜面の小さな谷を笹に掴まって降りることになりました。非常に急なので気を付けて降りると、下に林道がありました。途中にも林道の終点があったのですが、谷の反対側なので行けず、下まで降りました。ここは林道の折り返し地点でした。

あとは林道を歩きましたが、いかにも雑に作った林道で、当然崩落が進んでいました。この林道は谷を渡って登ってきた尾根の北側を降りて行くようになっていました。つまり、最初に谷を渡った時に無視した林道の続きのようでした。じっさい谷沿いに林道は降りて行きました。谷に降りる場所があって、谷の北側に渡っているようでしたが、そこを無視して歩いていくと、林道が終わってしまいました。戻るのも面倒だったので斜面を降りましたが、下には最初に無視した林道があって、無事に谷を渡って主林道に戻れました。あとはガレ石で捻挫しないように気を付けて下山しました。

登りはまぁ正解ルートだと思うのですが、下山は危険すぎです。1146m地点まで行って、北東の尾根から東に降りるルートはありますが、それも以前の経験から笹薮が多そうです。なかなか一筋縄ではいかない山のようです。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★★
地形図は「岩屋堂」です。

2019年8月10日土曜日

八頭町から登る八頭町智頭町境界の下奥三角点

しばらく前に鳥取の八頭町と智頭町の境界の尾根を歩いていたことがありました。同じ尾根に、北の八頭町から登ってみました。登り口は船岡から大江川を南に遡った大江で、ここまではとても良い道があります。まずここで,
集落の中の三角点のある山に登ろうと思いました。ところがこの山はがけ崩れ対策のコンクリートの壁に囲まれており、壁の隙間からアクセスできる斜面は非常に急峻でした。そこで少し南に行って、鞍部へ登ろうとしました。ここには墓地があるので楽に行けそうなのですが、この墓地に行くには民家の庭を通る必要がありました。鞍部に上がってから北に戻ると、山頂には紙屋谷四等三角点(215.73m)と神社がありました。神社といっても小さな建物があるだけですが、中には祠がありました。展望は良好です。

神社から北に戻り、登山を開始しました。すぐに東側から林道が来ていました。この尾根の東側には林道がたくさん作られているようです。ただし林道の入り口はかなり南なので、ここに出てくるにも大回りしなければなりません。尾根は自然林が多いのですが、林道があるくらいなので植林もあります。急ではありますが木に掴まらなくても登れます。少し登ると再び林道が尾根に達しており、その上には石垣がありました。ここはかつて送電線の鉄塔があった場所ですが、今は撤去されています。コンクリートの基石もありません。現在の鉄塔(八東大内線30)はもっと南にありました。ここは切り開かれて良い眺めでした。この先は少し厳しい登りが続き、標高500m付近からは少し楽になりました。544m地点には特に何もありません。このへんは緩い登りですが、東側には林道が見えていました。そして尾根が細くなり岩も少しあって、最後は少し急な斜面を登ると、町境の尾根に出ました。ここへは2018/09/23に来ています。金属プレートの下奥四等三角点(771.47m)があります。伐採されているので展望があり、八河谷付近が見えます。

2018/09/23とは逆コースに南に歩き、広々した場所から少し急な斜面を登って786mピークに出ると、南側は伐採地で、芦津や斜面の崩れた大呂山(2018/10/28に登った)が見えます(写真)。西に尾根を歩いて地形図で破線道が南北に尾根を横切っている場所は、南に行けば虫谷三角点のある尾根ですが、北側は谷で、尾根付近は歩けそうでしたが、先に行ってどうなるかは分からないので、ここからは降りないで更に西に歩きました。こちらは2018/09/02の逆コースとなります。少し歩くと木のない場所に出て、北は日本海まで見えます。ここにはお地蔵様がありますが、このお地蔵様、北を向いているのですが、字を見ると「右あさみ」と書かれているように見えます(2018/09/02に写真あり)。左がどこかは読めないのですが(「おをえ」?)、右が浅見ということは西を向いて置かれていたはずです。峠で右左というのも不思議ですし、尾根伝いに西から来る道があったということでしょうか?

ここの北斜面は降りられないので、少し藪を登り、シダの原っぱの西側から斜面を降りました。急斜面の後は植林で、降りるのには何も問題はありません。すぐ左手下に鉄塔がありました。尾根を降りていくと、自然林になって、少しアシビの藪もありますが、再び植林となって、また西側に鉄塔が見えました。鉄塔付近は伐採されており、八東大内線35鉄塔でした。地形図ではこの付近の西側に破線道があるのですが、ちょっと見てもみつからないので、結局巡視路で降りることにしました。巡視路に従って八東大内線34鉄塔に降り、さらに巡視路を降りました。34の次は32で、33が省略されたようです。32は谷の北側です。巡視路は急な斜面を降りて行き、岩もありますが道があれば安心です。最後は堰堤があり、橋を渡って道路に出ました。西側の谷はかなり荒れているようで、この下山は正解でしょう。

登りの尾根は2キロそこそこしかありませんが、標高差550mありますので、結局登りだけで2時間以上、全部で4時間半もかかってしまいました。

展望 ★☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「郷原」です。

2019年8月6日火曜日

古市から松尾山

白髭岳と松尾山には古市駅から住山の方を回って登るのが普通だと思いますが、このコースは古市の北の山から尾根伝いに松尾山に登ろうというものです。登り口は駅の北東にある二村神社にしました。神社の近くの尾根先に赤い「火の用心」があり、小道を上がると丹南線三二鉄塔がありました。下半分は樹木や竹に覆われていて、見上げても先端が見えません。巡視路はここで終わりなので、尾根の中央に戻って登りました。道は不明瞭ですが下草がなく、木もまばらなので問題なく登れました。典型的な里山で倒木がありますが、適当に歩いていくと、倉谷山への小さな道標があって、これが登山ルートだということが分かりました。さらに歩くと、地形図で古市駅裏からの破線道と合流する所では、駅からは明確な道が来ており、こちらで登るのが正解かも知れません。この道のおかげで歩きやすくなり、倉谷三等三角点(366.69m)に着きました。道の脇にポールが立っています。展望はありません。

この先は北に向かってひたすら尾根歩きとなります。特に面白いものがあるわけでもなく、景色もあまり見えませんが、グループでワイワイ言いながら歩くのなら楽しいのではないでしょうか。1時間ほど歩いて、登山道と合流しました。顔にはまったく凹凸がありませんが可愛らしいお地蔵様があり、その先には石垣があって、その上の平坦地にはおそらく塔頭があったのでしょう。道はこの先西に水平に進んで卵塔群へ行くのですが、まっすぐに登ってみようと思って北側の尾根に上がるとここも平坦地で、かなり大きな建物がいくつもあったような感じです。登っていくと水平道があり、ここにもお地蔵様がありましたが、これは松尾山の東側を南北に通る道です。ここからさらに尾根を登りました。木に掴まらなくても登れるくらいの斜面ですが、途中で北側斜面に作業道を見つけて北寄りに登りました。距離が延びた分だけ少し楽に主尾根に上れました。松尾山山頂(687m)はすぐでした。ここは酒井城跡として知られています。

下山は以前に篠山口駅から松尾山に登った時の逆コースで北東の尾根を下りました。それから道を歩いて「肩越の辻」に着きました。ここは地形図では破線道が4本集まっていますが、実際には道が5本あります。以前に登ってきた道である、赤い「火の用心」のある道に進みました。関電の巡視路と言っても鉄塔までは遠く、509mピークをはじめ、いくつかのアップダウンのあと、地形図で南の尾根への分岐のあるところまで来ました。何の道標もありませんが、何本か黄色いテープが巻いてある木の所から南に降りる道がありました。最初は急勾配で道もちょっと怪しいのですが、あとは里山らしい道になりました。440m+ピークは地形図では東に巻道がありますが見つからず、ピークを越えて南に降りると、幅広い林道が尾根を横切っていました。さらに林道は尾根の東側を南に伸びていましたが、これはすぐに終わってしまうので、最初から尾根に上がって尾根上を歩きました。これも長い尾根で、特に面白いものはありませんが、たまに植林がある他にも植生が目まぐるしく変わるという印象を持ちました。途中に尾根を横切る道があり、下っていくと共同アンテナの残骸があり、その南の300m+ピークから少し下った所には小さな平坦地が作られていました。最後は赤い「火の用心」が2つあって巡視路となりましたが、この地点には鉄塔の跡と思われる四角いコンクリートがありました。しかし2つしかなく、間隔も狭いので、何か違うものだったのかも知れません。巡視路で丹南線三三鉄塔に出て、そのまま道路に降りられました。最初と最後は巡視路というのは正解と思います。

行きも帰りも長い尾根歩きで、5時間もかかってしまいましたが、道路よりも山道が好きな方にはお薦めです。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「篠山」です。

2019年8月4日日曜日

八東町の西谷川から登る鉢伏城跡

この付近の山は最近よく登っています。今回はいちおう登山コースとなっている、西谷川から半柵城跡から登るルートで尾根に上がって、南の尾根に回ろうというコースです。登り口は先週に下山してから通った西谷川沿いで、赤い上向きの→本と、「半柵城跡へ2.960m 金鉱跡第1鉱道へ600m」と書かれた札が立っています。道路は川の反対側で、川にはH鋼の梁が2本渡してありますが、これを歩くのはかなりスリルがあります。川に降りて渡ることも勿論できます。金鉱山は興味があったので探したのですが、[1]にある山道がうまく探せず、よく分かりませんでした。目的は登山なので、あまり時間を使わずに目の前にある尾根を登り始めました。

これはとても急勾配の尾根ですが、下草がないので登るのに支障はありません。問題は暑さで、最初は風もなくて辛かったのですが、少し登ると風が出てきました。それでも急斜面と暑さには変わりなく、足元は砂地が多く滑りやすく、主尾根に着くのに1時間半近くかかりました。主尾根に上がっても何の標識もありませんが、半柵城跡は北です。ここは2019/06/09同様に南に歩いて、頑張って斜面を登り、下野二等三角点(595.95m)に着きました。前回は見落としたと思われる「城社山596m」という札が掛かっていました。さらに南に歩いて、鉢伏城跡(574m)に着きました(写真)。このピークは写真の通り何もありませんが、周囲全方向が急斜面で、砦にはうってつけの山です。その急斜面を、南に下りました。2019/07/28には登るのを断念した斜面ですが、木に掴まれば降りられました。この後は2019/07/28の逆コースで、633mピークへ急斜面を登り、東に653mピークまで行きました。ここから北へ伸びる尾根を降りました。この尾根も下草はなく、倒木や藪も少なくて、楽に降りられました。最後は小川を渡って林道(作業道 金山谷線)に出て、すぐに橋を渡って西谷川沿いの道に出られました。

こう書くと簡単に歩けたようですが、何度も休んだために距離の割には4時間以上かかっており、暑さに負けた一日でした。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「因幡郡家」です。

2019年7月31日水曜日

西の山三角点から千ヶ峰

千ヶ峰は何回か登っていますが、今回は東に伸びる長い尾根で登ってみました。登り口は三谷から三谷川を遡って、ハーモニーパークの方へ行く途中の林道にしました。チェーンが掛かっていますがしっかり作られた林道で、まず美しい植林を眺めながら登って行きました。西の山三角点のある山に登りたかったので、南西に伸びる尾根に登るつもりだったのですが、斜面が急で間伐材が横に置いてあるような状態で、しばらく谷の作業道をさまよっていましたが、結局急斜面を登りました。支尾根の上は楽に歩ける状態で、最初から尾根先を探せばよかったと思いました。急な尾根ですが、山頂まで真っ直ぐで、少し東に降りた斜面の途中に西の山四等三角点(453.33m)がありました。あやうく見落とすことでした。

三角点から引き返して、北西に尾根を降りて、登山を続けました。少し登って450m+の小ピーク(西側を巻いて行けます)と次の556mピークの間の鞍部では、東側に林道が北から来ており、終点になっていました。この付近で木に白いテープが巻いてあるのに気付きました。「←市原 千ヶ峰→」と書いてあって、これが登山道だと分かりました。「千ヶ峰ロングコース」と書いてあるものもあって、市原から登るコースを途中から歩いているのだというが分かりました。登山道だけあって植林の中の道は歩きやすいのですが、それでも登りが続きます。標高600mを越したあたりからは道も不明瞭ですが、どこでも歩けるので適当に歩き、東寄りにトラバースして行って尾根に出て、田ノ畑四等三角点(675.77m)を見に行きました。金属プレートで、展望は全くありません(写真)。尾根歩きを続けて、標高560mを越した付近で、ちょっと展望の良い場所がありました。市原から正面の山が見えます。尾根を西に歩くと816mピークですが、ここには「三谷登山口」への矢印もあったので、南に降りる登山道があるようです。北西に降りて鞍部に出てから主尾根への登りになります。最後の標高差50mは地形図で見ると急斜面で、藪っぽいのですが、道を見失わなければ問題なく尾根に上がれます。尾根には木の階段のある道があります。階段は邪魔なのですが、それよりも木が少なくて陽が射すと炙られます。見晴らしは良いのですが、夏向きではありません。千ヶ峰山頂には千ヶ峰二等三角点(1005.16m)の隣に大きな南無妙法蓮華経が立っています。小さな祠も増えたようです。

下山は登山路で南に降りました。広い尾根をまっすぐ降りる道ですが、植林もあり、道は時々複線になってよく整備されています。最近は市原峠まで車で登れるので尾根を歩いて千ヶ峰に来る人が多いようですが、この素晴らしい登山道を使わない手はありません。岩座神への分岐から下はさらに急になりますが、ロープがあっても登山道はガレ石が多いので植林の柔らかい土を歩いたほうが楽でした。植林から三谷渓谷に降りると濡れた岩の上を歩く所も多く、ロープがありますが転びやすいので要注意でした。意外と大きな滝があったりして、良い登山道だと思います。最後は三谷登山口に出ましたが、舗装道路は歩きたくないので、脇道で降りました。幅の広い未舗装道路ですが、これが昔の道らしく、ハーモニーパーク(今はThe Canyon Mountain Campというらしい)の近くの分岐に道標のお地蔵様が立っていました。

なお岩座神の南には西の山ではなく西ノ山三角点があります。

「展望 ★★☆
藪山度 ★★☆
地形図は「丹波和田」です。