2020年5月6日水曜日

冨土野峠

播磨と但馬の境にある羽柴秀吉も通ったという冨土野峠(地形図では冨土野、地名は富土野町)は、現在は県道6号線の冨土野トンネルが通っていますが、カーブが多く相変わらず難所です。明延の側から県道を登ってくるとトンネルの左右に広い伐採地があるのが気になり、行ってみることにしました。

登り口は2016/11/23に明延山に登った時と同じ県道6号線沿いの「桑垣雨量観測所」付近です。急勾配の植林を登り、尾根にあがると後は楽な登りで、たまに枝を押しのける程度で細尾根を登り続けました。588mピークからはしばらく平らで、やや急勾配で667mピークにあがりました。西側は植林が多いようです。さらにアップダウンして地形図で実線道が来ている付近は道がありますが、山頂へは急勾配の植林を登らねばなりません。ネットがあり、展望が広がると730m+ピークです。北から東に大きく展望が開けています。前回はここで展望があったという記憶はないので、最近伐採されたのでしょう。明延の建物も見えますし、藤無山から須留ヶ峰まで、広範囲の山々が望めます。

730m+ピークからは北に植林を降りて、冨土野峠に向かいました。東側斜面は広く伐採されています。県道6号線から見える伐採地です。非常に急な斜面で、伐採後に植林が行われています。伐採地を囲むネットはだいぶ倒れていますが、苗木を保護するネットは健在で、育っている苗木もあるようでした。峠には急斜面の植林を降りなければなりません。切通しではない自然の峠としては、こんなに両側が急斜面なのは見たことがありません。峠にはネットがあって、東は伐採地です。西は林道につながっていますが、案内板もなく、唯一古い道だとわかるのは低い石積みだけでした。(写真)

冨土野峠からはまたネット沿いに急斜面を登り、700m+ピークまでいくと自然林になってツヅジが咲いていました。その後は楽な稜線歩きで、広々した場所もあって楽しめました。そして少し登って古屋山三等三角点(760.02m)に着きました。東側は植林ですが、南西に延びる尾根はきれいな自然林で、これで下山しました。ここは2011/05/05に登ってきた気持ちの良い広い尾根です。たまにアセビや植林の倒木がありますが、それを避けながら新緑を楽しんで降りました。そのまま南に降りると629m地点を通って建物のある付近に出られますが、2011/05/05に登ってきたルートを逆に辿って西に植林を降りました。最初と最後は急斜面でしたが、途中では南側に新緑がきれいでした。最後は何度も来ている倉床川の分岐点に出ました。ここから歩いて冨土野に戻りましたが、途中に明治時代の墓があり、平野(?)貞知という方の明治20年の墓石には興味深い碑文が刻まれていました。電柱には「赤金」と書かれているなど、興味深い谷でした。

展望 ★☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「神子畑」「大屋市場」です。

2020年5月4日月曜日

丹波市のカヤマチ山から岩屋山

丹波市の、氷上町と青垣町の境界にあるカヤマチ山には、2013/12/7と2014/05/17に登っていますが、今回はカヤマチ山から岩屋山に縦走してみました。そのためには登り口は倉町川にしなければなりません。丹波少年自然の家を抜けて、尾根が倉町川に張り出してきている付近から登り始めました。最初は無理やり尾根に上がろうと考えたのですが、シダの茂った急斜面で、難しそうでした。幸い谷に道を見つけて、これを辿りました。古い谷道ですがマーキングがあり、かなり辿れました。谷の奥には炭焼き窯の跡があり、その先も藪っぽい道がありましたが、最後は岩場の谷で道を見失いました。尾根までは近そうだったので、ここからは木につかまって急斜面を登りました。少し登るとシダの生えている尾根に上がれました。

尾根に上がったものの、急な登りです。標高差50mくらい登っては少し楽になるのですが、また急斜面で木につかまって登らねばなりません。シダは問題ありませんが、灌木の藪です。休みながら登ると、標高600mを越したあたりでシャクナゲの花を見つけました。灌木の藪の一部はシャクナゲです。花を見ると少し元気が出て、2014/05/17に通った730m+の主尾根に出ました。ここから西に縦走ですが、シャクナゲが盛りです(写真)。ツツジもまだ咲いていて、華やかな尾根道でした。途中には大きな岩もありますが、歩きやすい尾根です。726mピークを過ぎるとシャクナゲはなくなり、植林も増えてきます。そして少し登り、南に歩くとカヤマチ山の山頂でした。葛野峠二等三角点(748.29m)がありますが、植林で展望はありません。

カヤマチ山からはまっすぐ歩くと葛野峠に降りてしまうので、西に植林を降りました。620m+まで降りて、きつい登り返しが待っていました。700m+ピークまでは2013/12/7に歩いています。その先も下って登り、680m+からは2016/04/09に岩屋山に登ったときと同じコースになりました。今回も東に降りる所で尾根が広くて方向を間違えました。その先は580m+まで降りますが、この先の629m地点までも急斜面の植林でした。さらに厳しい登りがあって、やっと690m+の主尾根に出ました。ここからはアップダウンは少なめで、歩きやすく、岩屋山の保守道路に出ました。道路を上がると紅白に塗られたNTTドコモの高源寺通信塔があります。檜倉山三等三角点(718.27m)は通信塔の裏側にあるので、コンクリートの壁の上を歩いて行かなければなりません。

三角点は北からの登山道の終点になっているので、この登山道を降りました。とても歩きやすく、保守道路の駐車場に降りてきました。この北にはハンググライダーの基地があります。この日は誰もいなかったので、大展望を満喫できました。ここからは保守道路を歩いて倉町川まで戻りましたが、舗装道路は足が痛くなりました。

距離は延びますが、登りの尾根はもう一つ東側にして清住三角点(701.24m)を目指す方が楽かも知れません。

展望 ★★☆
藪山度 ★★☆
地形図は「大名草」です。

2020年5月2日土曜日

佐中から登る佐中三角点

朝来市の佐中三角点は、2013/05/23に神子畑から登りましたが、今回は佐中から行ってみました。佐中から佐中川を遡っていくと、木材搬出作業中につき立入禁止という札が立っていて、しっかりチェインがかかっています。普段の日は立ち入りを避けたほうが良さそうですが、この日は連休中で人影は全く無く、問題ないと判断して先に進みました。とは言え佐中川を遡って行ったわけではなく、道路が川の南側に渡った所で尾根先を登りました。この道路が佐中川の南側に渡るのはここしかなく、他の場所は川を渡るのも難しそうですし、渡っても急斜面です。この場所も急斜面には違いないのですが、植林なので木に掴まりながら四つん這いで作業道を探しつつ登りました。これはかなり厳しい登りで、途中から手を使わなくても登れるようになりますが、標高差300mくらいは急斜面です。伐採されている箇所も多く、展望がありますが歩きにくい場所もありました。ネットもありますが、壊れているので問題ありません。標高500mを越すと植林で日陰が増えました。そしてさらに登り続けて、1時間以上かかって716mピークに出ました。ここは2013/06/05に来ています。コナラと植林の両方の林がきれいでした。

ここからは2013/06/05に歩いた稜線ですが、ネットが張られています。北側に広い伐採地があります。植林されたようですが、今は何も残っていません。稜線上は前回歩いた時よりもアシビが茂っている感じがしました。2013/05/23に鳥ノ奧ダムから登ってきた730m+ピークは北側を巻き、西に歩いて715mピークを過ぎ、660m+鞍部に降りますが、ここから佐中三角点まで標高差270mを登らなければなりません。2013/05/23もそうでしたが、アップダウンが多く疲れが溜まります。その先の740m+ピークは前回の経験から南側の斜面の道を辿って巻きました。そして急な登りが続きますが、切り開きがあって道は明瞭です。860m+ピークで一息つき、最後は美しい自然林で、落ち葉で滑りますが登りやすく、佐中三等三角点(931.21m)に着きました。自然林で新緑がきれいでした。

佐中三角点から南西に歩くと植林になります。また登りで、この先のH形のピークは980m+の高さなのでまた登りかと思っていたら、西側に林道が見えました。落ち葉で滑りやすい自然林の斜面をトラバースして、林道に出ました。「森林基幹道 須留ヶ峰線」です。2013/06/05にはH型ピークの西までしかできていなかったのですが、延長されていました。これが佐中川の林道に繋がっていれば楽勝、と思いつつよく整備された未舗装の須留ヶ峰線を北に歩きました。道路だけではなく、斜面や谷も整備されており、大工事です。気になるのは工事が分断されていることで、平成28年度の延長206mの次が30年度の329m、これでは完成するのはいつのことやら、と思っていたらプレハブの作業小屋があり、その先で終わっていました。

この付近では須留ヶ峰林道は朝来市と養父市の市境の尾根のすぐ下に作られているので、尾根に登りました。ここには2014/10/08に明延から来ています。北に歩くとまた登りで、930m+ピークまで登って北に尾根を降りました。気持ちの良い植林が続きます。途中で東側下に林道が見えましたが、急斜面を降りるのは難しそうだったのでまっすぐに尾根を降りました。なだらかな尾根ですが、だんだんに藪っぽくなりました。どちらに降りるか迷いつつも、北東に伸びる長い尾根を降りていくと、林道に出ました。法面は高いのですが、コンクリートではなく金網が土に植えに張られているので、金網に掴まりながら垂直に近い法面を降りました。危険です。この林道は須留ヶ峰林道で平成24年に作られています。地形図にはありませんが、航空写真ではここよりも西で佐中川の林道と接続しています。直接佐中川の林道に降りたかったので、須留ヶ峰林道はやめてさらに尾根を東に降りました。地形図では尾根の先で林道がターンする所には法面が描かれていないのですが、実際にはここも高い法面があります。しかしここはかなり崩壊が進んでいるので、木と岩に掴まって降りました。カーブミラーがあります。

あとは地形図通りの林道歩きで、金属プレートの王ノ谷四等三角点(623.94m)は地形図通りにターンの所にありました。谷に降りて新緑を楽しみながら歩くと、赤い欄干の龍神橋があり、佐中川を渡っていました。Google Mapではここの上流に不動の滝があると書かれています。橋から見ると上流側は崖になっていて、滝がありました(写真)。これが不動の滝かどうかはわかりませんが、ここから上流に歩くのは難しそうでした。この付近から林道は渓谷の北側斜面にあって、佐中川の様子はよく見えませんが、まだ滝がいくつかあると思います。ここから出発地点までは林道歩きで1時間以上かかりました。最初はかなり深い渓谷で、南側は急斜面です。林道の分岐は北側にいくつもありますが、南に川を渡る橋はありません。その割には南側斜面も間伐などが行われていますが、どうやったのでしょうか?途中にこの付近の植林が「「文化財」創造プロジェクト登録林」として文化財の修理等に使うために維持されているという説明板がありました。この付近の杉は樹齢100年だそうです。確かに重要な資源なので入山は気をつけるべきでしょう。

全行程7時間かかりました。ひどい藪はありませんが、累積標高2800mは難コースだと思います。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「大屋市場」です。

2020年4月29日水曜日

丹波篠山の八ヶ尾山

多紀連山の東の端の方にある八ヶ尾山は山城だそうです([1])。ということで登ってみました。「つまご坂登山口」という祠のある登山口から登っていくと、コバノミツバツツジがきれいでした。密生しているわけではありませんが、とにかく常に目に入るくらいの数は生えています。もう一つ楽しめるのは岩で、おもしろいチャートの模様が見られます。こんな感じで上を見たり下を見たりしながら尾根を登って行きました。急斜面ですがよく整備された登山道なのでゆっくり登れば疲れません。このコースや、この先歩いた尾根については[2]に詳しく書いてあります。山頂には小さな祠(八ヶ尾水分神社)があり、照明のようなものもありました。360度が見渡せるので山城としては絶好の場所でしょう。大芋1三等三角点(677.46m)がありますが、角がだいぶ欠けています。

展望を楽しんでから、西の尾根を縦走しました。まず急斜面を降りますが、ここには切堀があるようです。その先には岩場が多く、この方向だとやや危険な所もあります。正面には三嶽と小金ヶ嶽が見えています。道はしっかりしています。そのうちにヒカゲツツジが見られるようになり、楽しみが増えます。相変わらず景色も楽しめます。そしてようやく穏やかな尾根になり、570mピーク付近では北側は植林がありますが、南側にはコバノミツバツツジがたくさん咲いていて楽しませてくれます(写真)。正面の600m+ピークに登り、南に開けた鞍部を渡ると、東西両方に道が分かれます。西は地形図の破線道でしょう。ここはどちらにも行かず、まっすぐに南に登りました。630m+のピークには「サルガイチ山」の札がありました。そのまま少し藪っぽい細い尾根を歩いて次の635mピークに着きました。ここは「P635」と書かれた札が下がっているだけでした。ここでこれでは下山できないことに気がついて、引き返しました。

サルガイチ山から正しく東に降りました。八ヶ尾山を眺めながら降りると、道と合流しました。サルガイチ山に登るときに東に分岐していた道が巻いてきているのだと思います。ここからは道を歩きましたが、コバノミツバツツジも岩も楽しめました。この付近には緑色のチャートっぽい石があります。時々倒木があって、道が分からなくなりましたが、尾根を歩けば迷うことはありません。藪っぽい斜面を登って、610m+ピークには「長谷山」と書かれた板が落ちていました。間違えずに南の尾根を降りましたが、さらに標高500mあたりで尾根が東に曲がると、道も東に向かっているようでした。しかしここは南の峠に降りてみたかったので、道は見つからなかったのですが広い斜面を南に降りました。少し降りると荒れ気味の水平道がありました。この道は峠に降りる細い尾根の西側に作られています。細い尾根も荒れ気味なので、道を歩いて峠に出ました。

峠には東西に道がありますが、東に行く道は谷の南側の水平道です。マーキングは谷にあって、下には倒木が見えていたので躊躇したのですが、水平道は下山向きではなさそうだったので、谷に降りました。倒木はありますが、マーキングは倒木を避けて行くように付けられているようで、歩きにくいことは確かですが、我慢できる範囲でした。少し降りれば弁天池で、林道で登山口に戻りました。

山城に登ったつもりが、とても楽しめる登山コースを歩けました。

展望 ★★☆
藪山度 ★★☆
地形図は「村雲」です。

2020年4月26日日曜日

養父市の須留岐山と進美寺山

北近畿豊岡自動車道を現在の終点である日高神鍋高原ICまで行くと、南東の方向の円山川対岸にあるのが、これら二つの山です。浅間から周回するルートにしました。

出発点は八鹿町浅間の浅間寺(せんげんじ)で、須留岐山にはここから直登コースと尾根筋コースがあります。尾根歩きが好きなので寺近くの堰堤の前にある橋を渡って尾根筋コースに向かいました。そのために浅間寺城址を見損なってしまいました。尾根筋コースは階段も作られており、道標も多くて全く問題のないハイキングコースです。ツツジがきれいでした。落ち葉で滑りやすい場所がある程度で、最も急な勾配は最後に山頂に上る鎖場でした。須留岐山城ですからこれは人工の斜面でしょう。1時間近くかかって、伊佐村二等三角点(449.3m)のある須留岐山(するぎざん)の山頂に着きました。南よりもむしろ北に展望があります。

須留岐山からは西に尾根を縦走しました。意外と急な斜面をたくさん降りました。こちらのコースは道標もマーキングも少ないのですが、迷いようのない尾根です。この山には植林はほとんどなく、新緑がきれいでした。岩場は、一箇所だけありました。長く、アップダウンは意外とありますが歩きやすい尾根でした。下草がないぶんだけ春の花も見られません。進美寺山に近づくと、山城っぽい地形の場所に出ました。南側には関電の黒いプラ階段がありましたが、近くに送電線はありません。ちょっと不思議な場所でした。ここを過ぎると道が尾根を斜めに横切っていて、十八丁の石仏がありました。道は北西の進美寺に行っているようですが、正面の急斜面で進美寺山に登りました。落ち葉や砂地で滑りやすい所がありました。途中に銀竜草を見つけました。進美寺(しんみょうじ)の山頂も城跡のようです。白山権現(写真)と、金属プレートの進美寺四等三角点(360.53m)がありました。

下山は西の赤崎に降りると1km以上のトンネルか狭い河原を歩く羽目になりそうなので、浅間に降りるため、まず登ってきた急斜面を降りました。そして十八丁の所から円山台の方向に道を下りました。この道は植林も少しありますが、尾根道なので歩きやすく、たいして時間もかからずにふるさと農道のトンネルの東に降りてきましたが、最後はススキの急斜面を降りなければなりません。東側に降りるのが正解のようでした。

今日のルートの大半は八鹿町と日高町の町境だったようです。十八丁の石仏は赤崎から進美寺までのルートにあるものの続きのようですが、円山台までの間には見当たらず、なぜあそこにあるのか不思議でした。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「江原」です。