2021年8月11日水曜日

四辻から三ツ森三角点

 


2021/07/03にも歩いたうすづく峠の北の尾根を、夢前町莇野の四辻から歩いてみました。四辻交差点から西に歩いて中国縦貫道の脇の道に入ると北側に墓があり、墓地に上がる道があります。江戸時代のものを含めた墓石のある墓地を抜けてさらに斜面を登ると金網がありますが、扉がありました。扉だけでなく電柱もあり、ここから斜面を電柱に沿って登りました。上り切ると携帯の基地局らしいアンテナがありますが、基地局にしては名無しです。アンテナの形は携帯か地デジのようでした。ここから西に向かって尾根歩きですが、植林で楽に歩けました。下草はなく、枝が落ちている程度です。西に向かって歩けば迷うことはありません。展望はありませんが、しばらく歩いて2008/04/29に登ってきた尾根と合流して北に方向を変え、343mピーク付近から安志がちょっと見えました。そして播磨線六九鉄塔に出ましたが、展望は思ったほどではありません。巡視路は南西斜面から来て、尾根を北に行って420m+ピークに向かって登り始める前に東に行ってしまいます。この付近の植林はきれいです。時々自然林もあって、気持ちの良い尾根ですが、アップダウンは意外とありました。420m+ピークを過ぎて再び上りになり、急斜面をあがって三ツ森三等三角点(467.98m)に着きました。


三角点からは平坦な尾根を北に歩くと菅生反射板です。下山はここから東に尾根を降りました。ここは少々藪っぽいのですが、それを抜けると平坦な荒れ気味の植林になりました。しかし南東に延びる尾根はさほど急でもなく植林で障害物も無いので問題なく降りられました。最後は金網がありましたが、谷のところに扉があって、谷沿いに歩いて道路に出られました。歩き始めてから3時間もかからずに四辻に戻ってきました。


展望 ☆☆☆

藪山度 ★☆☆

地形図は「前之庄」「安志」です。



2021年8月7日土曜日

大屋町筏から登る銅山

 


宍粟市と養父市の市境にある銅山には何回か登っていますが、今回は北から登ってみました。まず大屋町の筏まで行き、佐治見川沿いの林道を遡りました。2017/08/02に反対方向に歩いており、上流まで石積みがあります。1時間ほど歩き、標高も400mを越えた付近に三社栂注連大明神という神社があり(写真)、ここから「普通母樹(林)」の札のある急斜面を登りました。最初はさほどではなかったのですが、徐々に急になって木に掴まってようやく登れる斜面でした。気温が高く(28度)風がなくて消耗しました。ようやく植林の尾根に出ましたが、何度も休んで疲労回復しながら登って行きました。この尾根も最初は急ですが、徐々に緩くなり、周囲も良い雰囲気の林になりました。807m地点から銅山までは、2014/09/20に歩いています。市境のところで急斜面に突き当たりますが、今回は作業道で西側の尾根に出てから登りました。市境の尾根には大路峠への道標があります。そして銅山に着きました。筏三等三角点(953.82m)があります。


下山はまず登って来たルートを戻りました。急斜面を降りて807m付近からは2014/09/20の逆コースで降りました。その先は、今度は2015/05/05に和田から和田山に登った時のルートとなりました。652mピーク付近の植林は気持ち良いのですが、その北の急斜面は堪えました。750mピークから少し藪もあります。790m+ピークからはネットもあり、少し登って和田山三等三角点(809.1m)に着きました。


和田山三角点からは2015/08/02と2015/08/07の逆コースです。ネットがありますが、踏み跡もあり、636mピークに登って下り、590m+ピークに出ました。ここから2015/08/07の逆コースで北の蔵垣三角点の方へ行こうと思っていたのですが、急斜面を下る時に方向を間違えて、ほぼ真北に向かう尾根に降りてしまいました。方向を修正する元気もなかったので、そのまま降りました。これは正解で、歩きやすい尾根を降りていくと、林道が尾根を横切っていました。左右どちらに行くか迷いましたが、下り気味の右(東)に行くと、何度もターンしつつ下山できました。この谷は家ノ前川と言うらしく、堰堤があり、蔵垣二号古墳もありました。そして林道蔵垣上奥山線で蔵垣の集落に出ました。


筏から銅山まで直線距離で5kmあり、林道佐治見線はともかく帰りの尾根歩きは距離が長くて暑さの中で疲れました。


展望 ☆☆☆

藪山度 ★☆☆

地形図は「大屋市場」です。



2021年8月4日水曜日

若桜町落折から家の谷川周辺

 


平家落人伝説のある落折から家の谷川を遡って歩きました。最初は舗装道路ですが、地形図で実線道が破線道になる堰堤付近からは細い道になります。斜面に作られた道なので崩れて危険な箇所があります。なんとか地形図で道が谷を西に渡っている所まで行きました。橋がありませんが、水量が多かった割には簡単に靴を濡らさずに渡れました。渡って斜面を登ると石積みがあって道がありました。谷に引き返すと、対岸にも石積みがあって、おそらくここに橋があったのだと思いますが、橋のカケラも残っていません(写真)。この道は意外としっかり残っていましたが、小さな水のない谷を渡り、その先でターンする部分から跡形もなくなりました。しかたなく急斜面をよじ登ると、また道がありました。これを北に歩くと、地形図で破線道が少し標高を上げる付近で道はなくなってしまいました。見上げると急斜面でしたが、まっすぐに登れば西の尾根に上がれるので、迷わずまっすぐ登りました。最初は木に掴まりましたが、徐々に楽になりました。周囲は植林と自然林が混ざっていて、感じの良い林です。かなり疲れましたが、滑落の恐れはなく、尾根まで上がれました。ここは2021/6/2に通っています。風があって気持ちの良い自然林の尾根を歩き、周囲が植林になり、戸倉峠から延びている林道に出ました。


林道を東に歩きました。暑い日でしたが適当に雲があって助かりました。家の谷川を渡り、谷の東側に来ると、2021/5/29に降りてきた付近です。そして下山ルートは1140m地点から延びる尾根にしようと思って、林道から外れました。この付近は分かりにくく、植林も若いようでヒノキの枝をかきわけて暗い林を降りなければなりません。古い林道もありましたが、下山の方向には行ってくれないので、GPSで方角を見て降りていきました。しばらく我慢して降りると、大きな木の生えた風通しの良い森になりました。966mピークも気持ち良い自然林です。この後は尾根を南に歩き、そのまま南の880m+鞍部に降りました。東側にはよく整備された林道が南北に走っており、そこから西に鞍部を通って林道がありました。「作業道 第2大サコ線」という杭があって、管理者代表が平家さんなので落折に出られるのではないかと期待してこの林道で下山することにしました。しかし期待に反してこの林道は一度ターンした後、谷で終わっていました。しかたないので植林をトラバースして谷を降りました。最初は良かったのですが、この付近は地形図で見るとなだらかなのですが実は起伏が多く、急すぎて降りられない場所もあり、回り道しながら降りていきました。土が黒いので、かんな流しの跡なのかも知れません。地形図の破線道に出ましたが、細い谷になってしまって降りられず、斜面を横切って行くとどんどん南寄りになってしまいました。一時は667mピークの南に行ってしまい(この付近は石積みがありました)、北に戻ってススキの草原を抜けました。この付近は以前は畑だったようです。草原の端に潰れた小屋があり、道があったので降りると谷には堰堤があって、折り返して舗装道路に出られました。この下山は失敗です。


展望 ☆☆☆

藪山度 ★★☆

地形図は「岩屋堂」「戸倉峠」です。



2021年7月31日土曜日

千種町西河内の池田三角点から県境へ

 


一昨日(2021/07/29)には池田から池田三角点を通って池田林道で下山しました。今日はその先の尾根を目標にしました。登り口も池田の西の木地山付近で、地形図では池田林道が山を一周して降りてくる場所です。地形図の破線道は軍人さんのお墓の横にありますが、入っていくとすぐに終わってしまいました。旧段々畑の石積みに沿って東に行くと道がありました。これが地形図の破線道かも知れませんが、これもすぐに終わったので、谷沿いに小道を登りました。石積みがあり、保安林の看板によるとこの付近は笹ヶ谷と言うようです。道は消えがちで、そのうちに倒木が谷を埋めていました。倒木の向こうの谷は歩けそうでしたが、谷は狭くなるので林道なしで歩くのは難しいと判断して、東斜面を登りました。急斜面ですが最初は植林で足元はしっかりしていました。途中で作業道が二回水平に走っていましたが、その上は自然林となりました。木に掴まらなくても登れる尾根で、2021/07/29に歩いた主尾根に出ました。少し北に歩くと、池田四等三角点(904.37m)に着きました。歩き始めてから40分ほどでした。


2021/07/29と同様に北に尾根を歩き、池田林道に出ました。林道を少し北に歩き、谷の奥でターンしている所からまた東の尾根に上がり、962m地点を過ぎ、林道の尾根を登りました。植林なので歩きやすい尾根で、ときどき東側の展望もありました。標高1100m付近からは急勾配になりましたが、木に掴まらなくても登れました。しかし1150m付近で県境に近づくと、笹が増えてきました。県境に着くと木は少なく、笹の草原となりました。東から南に展望があります。踏み跡は無いと言って良いと思います。背丈より高い笹もありますが、かき分けられない訳ではありません。ただしチシマザサは曲がっている方向と進んでいる方向が合っていないとかき分けるのは困難です。枯れたチシマザサの太い茎が残っているので怪我をしないように注意しました。もう少し背の低い笹やシダは押し分けて歩けました(写真)。この尾根からは北側の山も望めました。1199m付近には「しそう天空回廊 峰越峠~三室山ルート」の札がありました。1199mピークは木が生えており、赤く塗られた「山」の標石があります。ここからは西の方向も望めました。


1199mピークからは南西に尾根を降りました。こちらもしばらくは笹薮で、踏み跡があるような気がしましたが、あまり続きません。それでも我慢して降りていくと、標高1100m付近からは笹が減り、そのうちに植林になりました。やや急な斜面を降りて、古そうな草の生えた林道に出ました。しばらく林道を歩いて少しずつ降りて行き、目指す尾根に乗って、広々とした1015mピークを過ぎて降りていきました。しばらく自然林の尾根が続きましたが、標高920m付近で、少し荒れ気味の林道に出ました。これでも下山できそうでしたが、そのまま尾根を降りました。この付近からかんな流しの跡なのか地形が読みにくくなりました。荒堀四等三角点(894.38m)は見落としそうな小さなピークにありました。この先は複雑な地形を降りました。下りなので尾根にはこだわらず低い部分も歩いたのですが、見通しが効かず、方向を間違えることもあって、何度か方向を修正しました。変な方向に行くと急斜面もありますし、天児屋川に出てしまう可能性もあります。起伏の多い斜面を降りて、最終的には谷に降りてきました。すぐそこに「たたらの里学習館」がありました。


展望 ★☆☆

藪山度 ★★☆

地形図は「西河内」です。



2021年7月29日木曜日

千種町西河内の猿毛・池田三角点

 


これらは千種町西河内の、後山の北のあたりにある三角点です。千種川から少し北に入ると池田の集落があります。空き家になっている大きな家が数件あり、その間から池田家の墓地に行き、そこから山に入りました。植林ですが、地形が明らかに変で、かんな流しの跡だということが明らかです。地形図では平坦なはずの尾根を歩くのですが凸凹が多く、平坦ではありません。少し北に歩くとコンクリート製の祠が置いてありました。さらにアップダウンしつつ北に歩くと、猿毛四等三角点(611.89m)という面白い名前の三角点がありました。このすぐ北に害獣避けのフェンスがありましたが、扉がありました。


ここからも、しばらくかんな流しの跡が続きますが、徐々に岩が増えてきます。尾根の地面も砂地になってきますが、周囲の地形は相変わらず起伏に富んでいます。急な斜面もあります。標高710m+のピークへの尾根は細く両側は急斜面ですが、これが人工のものかどうか、判断できません。さらに北に行くとメートル単位の岩が増えてきますが、ふと見ると東の方には石垣がありました。なんとなく神社の跡のような気がするのですが、他の石も一部は崩れた石垣かも知れません。この付近からさらに急な斜面を標高差100mほど登ると、なだらかな植林となります。暑い日でしたが風もあって良い感じでした。少し歩いて池田四等三角点(904.37m)に着きました。西側は植林、東側は自然林という尾根です。(写真)


植林の尾根が続きます。自然林もあり、なだらかで楽に歩けました。途中に意外と立派な大岩がありました。そして地形図の林道に出ました。西側は深い谷で、林道の東側は急勾配で下がっていました。この林道で池田まで戻りましたが、地形図の破線道とは少し違う所もあり、ほぼ谷の西側に作られていました。自動車で通れる状態ですが、奥の方ではおそらく水流でできたと思われる溝や岩もあるので、普通の車では無理でしょう。かんな流しの跡も、もちろんありました。これは池田林道という名前のようで、途中に空山の登山口もありました。


展望 ☆☆☆

藪山度 ★☆☆

地形図は「西河内」です。