2018年4月21日土曜日

畑川の上流から大倉部山

大倉部山には以前も東側から長い尾根を通って登っていますが、今回は西側から登ってみました。このコースは普通ならば大倉部山から北西に延びる尾根を登って山頂に着き、南から西に降りて畑川を通って帰ると思うのですが、畑川の上流の谷が歩けるのかどうか心配だったので、まず谷を南に歩いてから折り返すことにしました。

畑の八幡神社から道が畑川(はたがわ)の上流に伸びています。途中で未舗装となり害獣避けの扉がありますが、それを過ぎると川沿いに今は植林となっている段々畑が続きます。谷の分岐点にお地蔵様がありますが、ここを過ぎてもずっと耕作地が作られています。朝来市と養父市の境界を過ぎても、ときどき広い耕作地があります。しかしさらに南に歩くと地形図でも分かるように谷は細くなってきます。この付近まで道は川の西側に作られていたのですが、この付近で東側に渡る必要が生じます。しかし畑川は上流の藤和の付近の雨水が全部流れているわけで、水量が多く、渡るにはちょっと苦労しました。東側に渡ってからも、ときどき西側に平坦地があって再び川を渡るべきか思案しましたが、結局ずっと東側を歩きました。道はあるのだと思いますが、崩落箇所もあって歩けずに河原に降りる必要もあります。谷が狭い付近にお地蔵様が置かれていました(写真)。嘉永六年と記されているようです。

消えかかった道を歩いて行くと植林に入りました。この先は藤和の農耕地ですが、そこに入るには川を渡る必要があります。農耕地もしっかりガードされているので、ここから一気に大倉部山に登ることにしました。東側の斜面の登りやすそうな所を探して、木に掴まってよじ登りました。ネットがありましたが、壊れている場所があって抜けられました。その後もずっと急斜面が続きました。標高差300mの山頂まで水平距離800mで登ろうというのですから、急登にならざるを得ません。途中で作業道もありましたが水平に進んで埒が明かないので、結局は急斜面を登り続けました。最初は草地が多く、足元も崩れやすかったのですが、徐々に自然林になって登りやすくなりました。そしてツツジの花を見ながら山頂に着きました。山頂は岩場で最高の展望台です。竹田城も見えますし、粟鹿山や朝来山だけでなく、北側も見渡せます。小倉部三等三角点(691.85m)があります。

下山は北西に延びる尾根ですが、こちらは登山路が整備されていました。案内板もあり、道もはっきりしています。今回は下りでしたが、登りに使うと山頂付近の坂はかなりキツイでしょう。下りは快調に降りられましたが、登山道は途中で観音寺へ降りていってしまうので、登山道から外れて尾根を歩きました。こちらも一応道が作られています。この付近は細尾根も多く、楽しめる尾根です。岡四等三角点(358.36m)を過ぎると尾根にネットが張られており、倒木も増えてきました。それでも特に文句を言うほどの藪はなく、普通の藪歩きとなりました。362mピークを通り、自然林の尾根を伝っていくと、北側に未舗装の林道が現れました。最初は無視していたのですが、行く手の尾根先を横切っていたので、結局林道で下山しました。しかしこの林道は山の周囲を廻っているだけで、道路には北の方で繋がっているようでした。西の端まで来たところでまた尾根に戻って、尾根先から急斜面を降りました。林道を使わないほうがずっと速かったでしょう。

畑川の上流はいちおう歩けますが、靴を濡らす可能性が高いので準備して行ったほうが良いでしょう。

展望 ★★☆
藪山度 ★★★
地形図は「八鹿」「但馬竹田」です。

2018年4月14日土曜日

氷上町から登る鳴尾山

鳴尾山は多可町と氷上町の境界付近にある山です。以前(2013/08/06)に多可町の鳥羽から登りましたが、今回は東の氷上町から登ってみました。とは言うものの登山道があるわけではありません。氷上町三方の山裾を歩いているとゲンジボタルのための親水施設があり、そこから山に入る道がありました。入っていくと扉があり、開いていたので楽に植林に入れました。植林の中を登って行ったのですが、作業道がところどころにあるとは言え、登山道があるわけではありません。北側の尾根に登らなければならなかったのですが、最後は真っ直ぐに上がっていく切り開きがあって、そこを通って尾根に上がりました。

尾根に登ってもはっきりした道はなく、相変わらず急峻です。木に掴まって登る所もありました。さらに北寄りに尾根を登らねばならないのですが、ここからは金網が張られていました。金網に沿って登ればよいので方向が定まってよいのですが、金網の東側を登っていったら、北の尾根に出るところで金網が東に曲がっており、出られなくなりました。出入り口を探したのですが見つからず、結局金網の下に少し隙間のある所を見つけて地面を滑って抜けました。この手の金網には何度も悩まされています。

金網の向こうの尾根は間伐された植林で、これも急斜面です。枝が落ちているのでこれまでの藪と同じくらいに登りにくいのですが、少し登ると滑車やワイヤーが残っていました。この付近からは少し勾配が緩くなりますが、アセビの藪です。大きな岩が増えてきて、569mピーク付近にも大きな岩がありました。ここで少し尾根は平坦になりますが、開けた場所はなく、藪が続きます。その後は植林の中に道があり、だいぶ登りやすくなりました。それでも藪っぽいことには変わりありません。最後に急斜面を登ると、鳴尾山の頂上に着きました。標高差600mほど、ほぼ2時間の登山でした。三方三等三角点(753.12m)があります。(写真)

下山は普通なら北か南に市境の尾根を歩いて峠から谷を降りるのですが、どちらの谷もあまり楽しくないことは知っていたので、北に尾根を降りることにしました。こちらの尾根は最初は急ですが、あとは比較的緩やかです。植林が多く、藪の中にはっきりと道が付けられていました。アセビの藪になっても黄色い杭があって、尾根を外すことはありません。この季節だけではありますが、ツツジも咲いていました。430m地点から下の植林が一番急勾配でしたが、このコースは登山道として適当なものだと思います。真っ直ぐ降りると桜大池(三方大池)に出てきました。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「大名草」です。

2018年4月8日日曜日

三日月の判官三角点

これは、上月の西、姫新線の北側の山です。登り口は和田の付近で探しました。なんとなく山裾を南に歩いていくと、姫新線の近くに害獣避けの扉があり、その西から植林に上がれました。植林の上はコブシの植えられている急斜面でしたが、足元は落ち葉で滑りはしません。190m+の山頂まで登ると小さな祠があり、中は空でした。周囲はコバノミツバツツジが咲き乱れていました(写真)。山頂から北西に降りましたが、この付近の周囲もツツジが多く、ピンク色に囲まれた感じでした。地元の人が花見に来ないのが不思議です。下から見上げるとほとんど花は見えないので、隠れた花見スポットと言えるでしょう。

ツツジを見ながら尾根を歩きましたが、道があって楽に歩けました。150m+の鞍部は道が横切っていました。この先240m+のピークまで、ツツジを見ながら歩きました。道は幅広いものですが倒木が多く、ツツジの多い尾根上を歩いた部分のほうが多いと思います。ピークまで来ると伐採地がありました。伐採地を抜けて、伐採地を西に見ながら210m+の鞍部まで降りると、東から道が来ていました。この道は南のピークを北に巻きますが、ツツジがきれいだったので220m+ピークに上がりました。しかしここは笹藪なので、道を歩くに越したことはありません。これは次の270m+ピークでも同じで、道もかなり荒れていますが、道から逸れると倒木だらけの藪でした。その西は植林となり、判官四等三角点(290.07m)は植林の中にあります。

三角点の西は少し植林が続き、自然林になっても竹が生えていたりします。再びツツジが見られたのは、270m+ピークを過ぎてからでした。この付近は荒れているだけでなく地形が複雑です。地形図には破線道があり、確かに溝があるのですが、倒木で埋まりがちでした。倒木を避けつつツツジを見ながら歩くと、植林に出てきました。ここはシイタケの栽培をしているようです。ここを少し上がると開けた場所に出て、道が通っていました。290m+ピークの東側です。この道は地形図どうりに東にある340m+ピークの西の麓を通っていますが、そのピークに上がっていく道があったので登ってみました。この道はピークの南側に上がっていきます。ツツジがきれいだったので見ながら歩いていると、ピークには行かずに東に降りていきそうになったので、戻ってピークへの踏み跡を探しました。笹の間にかろうじて踏み跡らしい隙間を見つけてピークまで登ると、ピークは広く空き地になっていました。北側に降りる所には化学肥料か何かのタンクがいくつか並んでいました。舗装道路に降りると杉坂峠への道標があり、県境を歩いていたことに気が付きました。

山の上はツツジが満開でしたが、下から見上げるとほとんど見えません。もったいないことだと思います。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★☆☆
地形図は「上月」です。

2018年4月7日土曜日

閑谷学校から義方山

閑谷学校はとても有名な文化遺産で、キャンプ場も併設されています。その奥には地形図には義方山という山があり、ハイキングコースを使って登れそうなので行ってみました。

旧閑谷学校をキャンプ場の方へ歩くと、黄葉亭というとても落ち着いた藁葺の小さな家があって、そこから右に「備前市森林公園 閑谷の森」という標識があるので、そちらに向かいました。坂を登ると市谷池という溜池があり、山に登る分岐があります。ここから階段の遊歩道を登りました。コバノミツバツツジが両側に咲いていて、最高のコンディションでした。しばらく頑張って登ると、階段のない道になって気持ち良く歩けるようになりました。遊歩道は264mピークを東に巻き、次の260m+ピークも西に巻きます(ここには熊山が見える見晴らし台があります)。遊歩道はその先の鞍部で東に降りていきますので、ここで正面の藪に入りました。ツツジが咲いていますが、藪には違いありません。灌木だけでなく、場所によっては膝くらいまで伸びたシダが生えています。シダの間に踏み跡を探しながら歩いていくと、シダの間に大蔵山三等三角点(288.04m)がありました。展望は全くありません。

さらに義方山を目指して歩きましたが、どんどんシダの背が高くなりました。大きなシダの塊に突っ込まないように道を探して歩くと、なかなか思った方向に行けません。尾根上はシダが育っているので、南向きの谷に入り込んでしまい、東の尾根に登りました。そして義方山の西の尾根に向かいましたが、この付近は腰くらいの高さのシダで埋まっていました。どこが道か分からないのですが、踏み跡と思われる所を歩きました。義方山に向かって登り始めるとシダは少し減り、枝をかき分けて登ると、320mの山頂と思われる付近には標石(写真)と銃猟禁止区域の立札がありました。

義方山からは北に降りましたが、ここも大きなシダの塊を避けたので尾根から少し東に外れた付近を歩きました。鞍部には横切る道があったかも知れません。300m+ピークには岩が少しと銃猟禁止区域の立札がありました。この北もシダが多く、少し尾根から降りてシダの中に踏み跡を探して歩きました。再び標高300mを超すと西にも降りられましたが、溜池に突っ込みそうだったの更に北に歩きました。やや間隔の狭い灌木の藪で、時々シダ藪もありました。ツツジが咲いていなければ歩きたくない山です。しかしそれでも大きなシダ藪に突っ込んで身動き取れなくなることはなく、290m+のピークに上がって、西に尾根を曲がりました。こちらの尾根でも尾根の中心から南側はシダが多く、北側にシダの無い場所を探して歩きました。そのため時々尾根から外れそうになれました。それでもこの付近はツツジの密度が高く、目を楽しませてくれました。写真を撮ろうと思ってシダをかき分けて近づくと、方向を間違えがちでした。それにこの尾根は意外と地形が複雑で、主尾根を見失いがちでした。そして尾根の西の端では大きな岩の上に出てしまい、大きく南側に迂回しました。黄葉亭の前から見上げると、木の間に大きな岩が見えると思います。

ツツジの多い山で、視界からツツジが見えなくなることはありませんでした。しかしシダの多い藪山なので、山歩きを楽しむには向いていません。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★★★
地形図は「和気」です。

2018年3月24日土曜日

和気の雨乞山と室原山

これら二つの山はどちらも地形図に名前が載っていますが、和気町と美作市と備前市の境界付近にあるので、どこの山かと言われると形容は微妙です。とりあえず和気から北に車で行けば着くので、出発点は室原の北にしました。谷を北に登る道があります。堰堤があり、峠の付近に来ると地形図どうりに分岐があって、北東へ行く林道がありました。軽トラとユンボがとまっていましたが、作業をしている様子はありません。ここは和気町と美作市の境界なので、ここから境界沿いに東の350m+のピークに登りました。地形図には破線道があるのですが、切り開きはなく、溝があるだけだったので、藪を抜けて登りました。下草はありませんが灌木の枝が邪魔です。山頂まで登ると道がありました。林道と言うにはお粗末な道ですが、南北に走っています。ちょっと南に歩いて、地形図ではもう少し広い350m+の山頂にも行きました。こちらには道から切り開きがあります。山頂には平べったい石が数個ありましたが、建物の基礎石と言えるかは微妙でしょう。

この付近は荒れた道が沢山あって、選択肢に迷いましたが、まず東に降りました。この付近は水はけが悪いのか、水たまりがたくさんあります。おそらく理由はまさ土で、あちこちに穴を掘った跡があってそこにも水が溜まっていましたが、まさ土を採取したものと思われました。東に谷まで降りて、南に登りました。この道も古くて荒れています。登った付近はまさ土の山で、低い松が生えています。ここで南の方から来る林道と出会って、室原下四等三角点(393.18m)を見に行きました。林道から北に行く道があり、両側にゲートの名残の柱が立っています。その先は幅の広い道が山頂まで延びています。山頂に行くと、壊れかけた建物がいくつかあり、作業場のような感じでした。どんな作業をしていたのか、ちょっと見ただけでは分かりません。

三角点からさらに東に林道を歩きましたが、だんだん道が細くなって、最後はあまり良くわからなくなりました。しかたがないので藪を抜けて雨乞山を登りました。山頂手前には壊れかけた祠がありました(写真)。かつてはここで雨乞いをしたのかも知れません。山頂からは木の間からちょっと展望がある程度です。下山は少し降りると切り開きがあって、先程の林道の続きのような道に出てきましたが、もう林道とは言えない荒れた道です。この切り開きがこのあとずっと南に向かって続いていました。場所によっては土を盛ったような分かりやすい道ですが、見失うことはないと言え、荒れた道です。途中のピークに南を向いた共同アンテナの残骸があり、ケーブルは東に延びていました。その南で標高400mを切った付近では尾根を東西に道が横切っていました。その後はまさ土のピークが2つあり、北に南ウネ山がよく見えました。この付近は全体に山が低いので、400m程度の標高でもけっこう遠くまで見渡せます。ここまでの道は、まさ土を採取するための道のような気がします。というのは、その先は切り開きがなくなったからです。しかし木の間隔の広い灌木の藪なので枝を払えば歩けました。南に歩いて、室原山の広い山頂に出ました。薄い藪の中に保曾三等三角点(454.45m)がありました。展望はありません。山頂から南にさらに藪を抜けましたが、少し標高が400m付近まで下がると、切り開きがはっきりしてきて、最後は道になって林道の交差点に降りてきました。東に行けば牛中に行けそうでしたが、西に谷沿いに林道(民有林林道室原線)を降りました。

3時間ほどの里山歩きでした。たまにシダも生えていますが、びっしりと生えている所はないので助かりました。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「日笠」です。