2018年4月7日土曜日

閑谷学校から義方山

閑谷学校はとても有名な文化遺産で、キャンプ場も併設されています。その奥には地形図には義方山という山があり、ハイキングコースを使って登れそうなので行ってみました。

旧閑谷学校をキャンプ場の方へ歩くと、黄葉亭というとても落ち着いた藁葺の小さな家があって、そこから右に「備前市森林公園 閑谷の森」という標識があるので、そちらに向かいました。坂を登ると市谷池という溜池があり、山に登る分岐があります。ここから階段の遊歩道を登りました。コバノミツバツツジが両側に咲いていて、最高のコンディションでした。しばらく頑張って登ると、階段のない道になって気持ち良く歩けるようになりました。遊歩道は264mピークを東に巻き、次の260m+ピークも西に巻きます(ここには熊山が見える見晴らし台があります)。遊歩道はその先の鞍部で東に降りていきますので、ここで正面の藪に入りました。ツツジが咲いていますが、藪には違いありません。灌木だけでなく、場所によっては膝くらいまで伸びたシダが生えています。シダの間に踏み跡を探しながら歩いていくと、シダの間に大蔵山三等三角点(288.04m)がありました。展望は全くありません。

さらに義方山を目指して歩きましたが、どんどんシダの背が高くなりました。大きなシダの塊に突っ込まないように道を探して歩くと、なかなか思った方向に行けません。尾根上はシダが育っているので、南向きの谷に入り込んでしまい、東の尾根に登りました。そして義方山の西の尾根に向かいましたが、この付近は腰くらいの高さのシダで埋まっていました。どこが道か分からないのですが、踏み跡と思われる所を歩きました。義方山に向かって登り始めるとシダは少し減り、枝をかき分けて登ると、320mの山頂と思われる付近には標石(写真)と銃猟禁止区域の立札がありました。

義方山からは北に降りましたが、ここも大きなシダの塊を避けたので尾根から少し東に外れた付近を歩きました。鞍部には横切る道があったかも知れません。300m+ピークには岩が少しと銃猟禁止区域の立札がありました。この北もシダが多く、少し尾根から降りてシダの中に踏み跡を探して歩きました。再び標高300mを超すと西にも降りられましたが、溜池に突っ込みそうだったの更に北に歩きました。やや間隔の狭い灌木の藪で、時々シダ藪もありました。ツツジが咲いていなければ歩きたくない山です。しかしそれでも大きなシダ藪に突っ込んで身動き取れなくなることはなく、290m+のピークに上がって、西に尾根を曲がりました。こちらの尾根でも尾根の中心から南側はシダが多く、北側にシダの無い場所を探して歩きました。そのため時々尾根から外れそうになれました。それでもこの付近はツツジの密度が高く、目を楽しませてくれました。写真を撮ろうと思ってシダをかき分けて近づくと、方向を間違えがちでした。それにこの尾根は意外と地形が複雑で、主尾根を見失いがちでした。そして尾根の西の端では大きな岩の上に出てしまい、大きく南側に迂回しました。黄葉亭の前から見上げると、木の間に大きな岩が見えると思います。

ツツジの多い山で、視界からツツジが見えなくなることはありませんでした。しかしシダの多い藪山なので、山歩きを楽しむには向いていません。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★★★
地形図は「和気」です。

2018年3月24日土曜日

和気の雨乞山と室原山

これら二つの山はどちらも地形図に名前が載っていますが、和気町と美作市と備前市の境界付近にあるので、どこの山かと言われると形容は微妙です。とりあえず和気から北に車で行けば着くので、出発点は室原の北にしました。谷を北に登る道があります。堰堤があり、峠の付近に来ると地形図どうりに分岐があって、北東へ行く林道がありました。軽トラとユンボがとまっていましたが、作業をしている様子はありません。ここは和気町と美作市の境界なので、ここから境界沿いに東の350m+のピークに登りました。地形図には破線道があるのですが、切り開きはなく、溝があるだけだったので、藪を抜けて登りました。下草はありませんが灌木の枝が邪魔です。山頂まで登ると道がありました。林道と言うにはお粗末な道ですが、南北に走っています。ちょっと南に歩いて、地形図ではもう少し広い350m+の山頂にも行きました。こちらには道から切り開きがあります。山頂には平べったい石が数個ありましたが、建物の基礎石と言えるかは微妙でしょう。

この付近は荒れた道が沢山あって、選択肢に迷いましたが、まず東に降りました。この付近は水はけが悪いのか、水たまりがたくさんあります。おそらく理由はまさ土で、あちこちに穴を掘った跡があってそこにも水が溜まっていましたが、まさ土を採取したものと思われました。東に谷まで降りて、南に登りました。この道も古くて荒れています。登った付近はまさ土の山で、低い松が生えています。ここで南の方から来る林道と出会って、室原下四等三角点(393.18m)を見に行きました。林道から北に行く道があり、両側にゲートの名残の柱が立っています。その先は幅の広い道が山頂まで延びています。山頂に行くと、壊れかけた建物がいくつかあり、作業場のような感じでした。どんな作業をしていたのか、ちょっと見ただけでは分かりません。

三角点からさらに東に林道を歩きましたが、だんだん道が細くなって、最後はあまり良くわからなくなりました。しかたがないので藪を抜けて雨乞山を登りました。山頂手前には壊れかけた祠がありました(写真)。かつてはここで雨乞いをしたのかも知れません。山頂からは木の間からちょっと展望がある程度です。下山は少し降りると切り開きがあって、先程の林道の続きのような道に出てきましたが、もう林道とは言えない荒れた道です。この切り開きがこのあとずっと南に向かって続いていました。場所によっては土を盛ったような分かりやすい道ですが、見失うことはないと言え、荒れた道です。途中のピークに南を向いた共同アンテナの残骸があり、ケーブルは東に延びていました。その南で標高400mを切った付近では尾根を東西に道が横切っていました。その後はまさ土のピークが2つあり、北に南ウネ山がよく見えました。この付近は全体に山が低いので、400m程度の標高でもけっこう遠くまで見渡せます。ここまでの道は、まさ土を採取するための道のような気がします。というのは、その先は切り開きがなくなったからです。しかし木の間隔の広い灌木の藪なので枝を払えば歩けました。南に歩いて、室原山の広い山頂に出ました。薄い藪の中に保曾三等三角点(454.45m)がありました。展望はありません。山頂から南にさらに藪を抜けましたが、少し標高が400m付近まで下がると、切り開きがはっきりしてきて、最後は道になって林道の交差点に降りてきました。東に行けば牛中に行けそうでしたが、西に谷沿いに林道(民有林林道室原線)を降りました。

3時間ほどの里山歩きでした。たまにシダも生えていますが、びっしりと生えている所はないので助かりました。

展望 ★☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「日笠」です。

2018年3月17日土曜日

備前市吉永町の堂ガ谷山

この山は和意谷の西側の山です。和意谷側は谷が深くて登りにくそうなので、西の飯掛から登ってみました。県道46号線が南から飯掛の手前で曲がる辺りから尾根に上がりました。反対側の北側から上がる方が楽だったかも知れませんが、いずれにしてもこの付近は藪です。地面がちょっと窪んでいる作業道と思われるものの名残はありますが、藪に隠れています。枝をかきわけて登ると、地形図で丸く見える350m+ピークの付近からは少しまともな道になって、これで南側の斜面を上がりました。登って行くと道は消えてしまいましたが、あとは藪を登ると少し道らしいものがあり、木見谷四等三角点(320,33m)に出ました。三角点の東のちょっときつい藪を抜けると、尾根の南側に道がありました。これは地形図で南の谷から上がってくる破線道と同流して、ここからは割と歩き易い尾根歩きとなりました。

さほど高い山でもないので、アップダウンもたいしたことはなく、時々膝くらいまでのシダが生えていても、歩くのには差し支えありません。枝や倒木を避けながらですが、気持ちよく歩けました。ぐるっと尾根を歩いて南に向きを変えると、370m+ピークを過ぎたあたりの西側の谷は伐採地帯となっていました。その南で東への分岐を探すと、何のマーキングもありませんが、石標があって倒木が道を塞いでいる付近で道がありました。これも明確な道ですが、途中で南に向かってしまいました。しかしそのまま歩くと、谷を東に渡る付近は土が盛ってある明瞭な道でした。南側は植林です。その先の東側へも道がありましたが、途中で消えてしまいました。とりあえず尾根に上がって藪を歩くと、切り開きがありました。ここから堂ガ谷山まで、時々切り開きがあり、鞍部には盛り土がありますが、シダや灌木が多く、ちょっと歩きにくくなっています。北の尾根に上がって東に歩くと、堂ガ谷山の山頂に着きました。和意谷2三等三角点(364.75m)があります。周囲は雑木林ですが、雰囲気も陽当たりも悪くありません。(写真)

この山は行き止まりなので、西の尾根まで戻りました。北道なのに、何度か藪で方向を見失いそうになりました。西の尾根の道に出て南に歩くと西に曲がっており、たどり着いたた所は大伐採地の奥でした。この伐採地はネットで囲われているので、しばらくはネット沿いに歩きました。備前市と和気町の境界方向は藪で道もなさそうなので、しばらく南にネット沿いを歩きました。途中にネットに引っかかって憤死したらしい鹿の死体がありました。尾根先を西に折れると南側の谷には道があります。未舗装ですがきれいに整備された道です。しかしネットの向こう側なのでネット沿いに歩き、さらにネットから離れて古い道を歩きました。この道は地形図では南東から来ている破線道になります。この破線道は地形図では途中で北西に向かうのですが、そこの分岐が分かりません。何度か探したあと、藪に入ってしばらく歩くと切り開きがありました。この先は例によって途切れ途切れの切り開きと盛り土の道が続きました。298m地点に来てもあまり様子は変わらず、結局最後までそんな感じでした。マーキング等もまったく無く、古い里山という感じです。最後は道路際の斜面の上に出たので少し北に藪を抜けて谷に降りて、携帯の基地局のところで県道46に戻りました。

気持ちよく歩けた部分もありましたが、藪を抜けるのに少々飽きたというのが感想です。藪の密度はさほど高くないので、身動きが取れなくなることはありません。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「日笠」です。

2018年3月15日木曜日

篠山の三嶽と小金ヶ嶽

多紀連山で最も有名な山は三嶽でしょう。漢字は御嶽とか三岳とかいろいろありますし、三嶽山と山を付けることもあるようです。とりあえずは定番のルートで登ってみました。

三嶽山登山者駐車場に車をとめて、少し南に戻って御嶽道から登りました。階段が整備されていて登りやすいのですが、長く続くとさすがに斜面を歩きたくなります。とか思っていると、楽に尾根に上れました。尾根に出れば平坦なのでもっと楽に歩けます。途中に鳥居堂の跡があり、東へ降りるヨートギ谷からの道との合流点は、クリンソウ自生地だそうです。そのすぐ先には大岳寺の跡があります。15世紀の修験道のお寺だったそうです。この付近から勾配が急になり、岩場が増えてきて、南に展望が得られるようになりました。春霞で篠山の町すら霞んでいましたが、遠くまで見えていました。ルートは明確で、岩の間を登っていくと植林に出て、東屋と簡易トイレがありました。避難小屋だそうです。そこから西に登ると三嶽の山頂で、兵庫県の通信設備があります。展望は北側のほうが良いのですが、大きなゴルフ場が目を引きました。御岳山一等三角点(793.2m)は、方角を示す丸い台の隣にしっかりとコンクリートで固定されていました。東に降りると行者様が祀られていました。

三嶽の山頂から東に縦走するルートは雑木林で夏は緑がきれいでしょう。鎖場が一箇所ありましたが、ひどい急斜面はありません。少し降りると長い階段が続きましたが、ここはザレ石の斜面なので階段がないと歩きにくいと思います。気持ちの良い縦走路を降りると、大たわ(たわは漢字では山へんに定と書きます。普通の乢ではありません。)に出ました。ここにはフォレストアドベンチャーというフィールドアスレチックの施設があります。北からの道はよく整備されているので車で楽に上がってこれるようで、駐車場には数台の車がとまっており、実際にフィールドアスレチックを楽しんでいる人たちもいました。登山道はその中を真っ直ぐ抜けて植林を上がります。しばらく登っていくと、いよいよ岩場があります。最初の鎖場は尾根にそびえる大きな岩を巻くためのものです。その後は目の前に大きな岩山がそびえて(写真)、これをどうやって抜けるのだろうと思うと、鎖場続きで南側から巻いて裏側に上がりました。岩の上に出るにはコースと反対に西にちょっと登るのですが、これは高所恐怖症には無理です。ここ以外も高所恐怖症には辛い鎖場がありますが、危険な箇所は少なく、目眩でも起こさない限りは大丈夫でしょう。節理の面白い岩を鑑賞しながらゆっくりと登るとヒカゲノカズラが生えていて、小金ヶ嶽の山頂(725m)にでました。ここにも方角と見えている山の説明の載っている丸い台がありました。意外ですが見えている山には1000mを越すものがありません。

さらに東に歩けば小倉たわ(これも山定)まで2.4kmとありますが、もちろん南の小金口に向かって降りました。ここも最初は急な岩場で、鎖場もありました。なんとか一息つけたのは鞍部に出た時で、ここからは西に降りる道もありますが、定番の小金口への道を歩きました。畑山はピストンになるので寄らず、斜面を歩くと福泉寺跡に出ました。この付近の修験道の寺は15世紀終わりに吉野の僧兵に焼かれてしまったようです。このあとはジグザグに斜面を降りて谷に出ました。谷沿いでも斜面に道が作られている所は良いのですが、谷に降りると道は途切れ途切れで、土石流で流されてような場所が何か所かありましたし、道だったところに水が流れている所もありました。赤いマーキングがあるのですが、それも見つからない場所が何か所かありました。せめて流れを渡る場所だけでもしっかりとマーキングがあると、だいぶ助かると思います。雨の後でなくても川の石は濡れていて滑るので、けっこう危険です。美しい渓流を楽しんでいる余裕など無く、石積みのあるかつては畑だったような場所に出てからも、はらはらしながら堰堤の所まで降りてきました。ここで扉を抜けて道路に出ました。

よく知られているコースの割にはハードだったというのが感想です。小金ヶ嶽への登りの鎖場を考えると、このコースを逆に回る気はしません。

展望 ★★☆
藪山度 ★★☆
地形図は「村雲」です。

2018年3月11日日曜日

牧からたつの市新宮町の千本三角点

千本三角点には2006/03/21に千本の側から登っていますが、久しぶりです。今回は播磨道延長工事の進捗状況を見るついでに西側の牧から登ってみました。地形図では牧という地名は栗栖川から東に入った福原の方向に書いてありますが、栗栖川沿いの地域も牧で、その牧運動公園の裏山から歩きはじめました。急斜面にジグザグに作業道の名残があり、なんとか尾根に上がることができましたが、おそらくは少し北の太い尾根から登ったほうが楽だったと思います。尾根は歩き易く、落ち葉を踏んで倒木を避けながら歩きました。栗栖川沿いが時々見えます。最初の倒木地帯はたいしたことはありません。それから植林が増えてきて、409mピークへの吊尾根は美しい植林です(その前の登りは倒木だらけでしたが)。そしてくねくねと尾根を曲がって主尾根に近づくと倒木地帯が増えてきます。植林の倒木が斜面に折り重なっているので、容易には越えられません。我慢して迂回しながら登って、やっと主尾根にたどり着きました。ところが東の千本三角点に向かう尾根も倒木地帯でした。前回(12年も前です)にはこんなことはなかったと思うのですが、平らな尾根でも倒木が多いと疲れます。とにかくフィールドアスレチックの気分で千本二等三角点(488.79m)に着きました。周囲に特に何もないところは前と同じです。(写真)

三角点の東側は倒木はなかったのですが、そちらに行くとどんどん出発点から遠くなるので、倒木地帯を西に戻りました。南側の斜面に少し降りると、かなり倒木を避けられるので多少は楽でした。登ってきた尾根には戻らず、西に真っ直ぐに歩きましたが、さほどのアップダウンはないとは言え、倒木はまだ時々あります。前にも通っている尾根なのですが、だいぶ荒れたようです。前回も行っている牧四等三角点(422.19m)は、今回もゴミが散乱していました。ここへの分岐は水溜りのある広いなだらかな場所で、ちょっと迷いました。牧三角点から西の尾根は道があります。登山道なのだと思いますが、少し西のピークから北に曲がっていくようでした。地形図ではこの北に実線道があるので、そこから登るのが登山道なのかも知れません。しかしここは最初の予定どおりに西に尾根を降りました。こちらにも道があります。最後は北側の斜面を降りるか南側を降りるかの選択があり、南を選んだら落ち葉の急斜面になってしまいました。落ち葉の下は砂地で、木が少ないので掴まるものがなく、足の筋力だけで降りる必要がありましたが、この斜面には大きな岩がいくつかありました。少し降りると林の中に道があって、谷のところでやっと栗栖川まで降りられました。ここからは荒れたススキの草原を歩いて出発点に戻りました。

気分の良い山なのですが、以前よりも植林の倒木が増えて歩きにくくなりました。斜面にも倒木が目立っていました。なお播磨道は栗栖川の西側を通るので、こちらの山には影響はありません。

展望 ☆☆☆
藪山度 ★★☆
地形図は「三日月」です。